ここから本文です

あこがれの49万円ゲーミングPCと手持ちのノートPCを比べて分かったこと

2019/12/12(木) 6:05配信

ITmedia PC USER

 PCゲームを楽しんでいる人の環境は、いったいどのようなスペックだろうか。デスクトップPC? ノートPC? それとも両方? ユーザーによって環境はさまざまだろう。しかし、最近はゲーミングノートPCのラインアップが充実しだして、性能もデスクトップPCに拮抗(きっこう)しており、ノートPCを選ぶ人も多いのではないだろうか。

【写真】リフレッシュレート240Hzでヌルヌルと動く画面

 何といっても省スペースで済むし、持ち運び自由なのがノートPCのメリットだ。狭い日本の家屋では、一人暮らしでもしていない限り、大きなボディーを家に置いておけるはずもない。それは筆者も同じで、デスクトップPCなどというドデカい代物を家に設置した瞬間に、配偶者からの冷たい視線と、「どこに置くのよこれ!」という怒りを一身に受けなければならない。

 筆者はこの前、PCをリプレースしたのだが、もちろん選んだのはノートPCだ。スペックは、CPUが6コア12スレッドのCore i7-9750HでGPUはGeForce RTX 2060、ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzというもの。PCゲームをたしなんだりするので、その要望的には必要最小限のスペックを満たしており、とりあえず2年くらいは使えるかな、というものだ。だってそれで税込み価格は18万前後なんですぜ? リーズナブルでコストパフォーマンスもいいじゃん。

 そのような環境を見透かしてか、PC USERの編集長から「ROG Zephyrus S GX531GXR(以下、GX531GXR)のレビューをしません?」という依頼が舞い込んだ。このモデルのスペックは、CPUは私が持っているPCと同じだが、GPUはGeForce RTX 2080(ただしMax-Qだけど)で、ディスプレイも今後は主流となるリフレッシュレート240Hzだ。

 なんかケンカ売ってますか? と、うがった見方をしたくなる1台である。しかし、価格は私のPCの倍以上だ。「あー、そうですね、素晴らしいマシンを見せつけようとするのですね」と、ひねくれながらもこのスペックには興味を持った。そらそうでしょ。これが買えるなら、2年、いや3年くらいはこのままでいいじゃん、もしかしたら。そんなあこがれのPCを検証しつつ、GX531GXRと“拳”で語り合いたいと思う。

1/6ページ

最終更新:2019/12/12(木) 6:05
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事