ここから本文です

<赤楚衛二>「ねぇ先生、知らないの?」でドラマ初主演 「ビルド」メンバーの活躍は「奮い立たせてくれる」

2019/12/12(木) 20:10配信

MANTANWEB

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役でも知られる俳優の赤楚衛二さんが女優の馬場ふみかさんとダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の放送が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で放送中だ。ドラマは恋愛経験に乏しいマンガ家の青井華とカリスマ美容師の城戸理一の恋愛を描いたラブストーリー。理一を演じる赤楚さんは、今作がドラマ初主演で「上京した当時はそういうことが起こるとは思ってもいなかった」と驚きと喜びを語る。赤楚さんに、演じる理一との共通点や仕事へ懸ける思い、「仮面ライダービルド」で現場を共にしたメンバーたちへの思いを聞いた。

【写真特集】クールな表情もカッコいい… インタビュー時の貴重カット

 ◇ドラマ初主演に「高ぶっている」

 ドラマは、マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で浅野あやさんが連載中の人気マンガを実写化。恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一(赤楚さん)と出会い、互いに引かれ合っていく……というラブストーリー。矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演する。

 今作がドラマ初主演。赤楚さんは「主演だと聞いたときは、本当にうれしかったです。恋愛もので主演をやらせていただくことは初めてで。上京した当時は、そういうことが起こるとは思ってもいなかったので、純粋にうれしいです」と喜ぶ。ただ、「プレッシャーのようなものも少し感じていた」と不安な胸中も明かし、「頑張らなきゃなという意気込みもあります。高ぶっていますね(笑い)」と興奮気味に話す。

 ドラマでは、人気のカリスマ美容師であると同時に、仕事最優先の華を優しく包む理解のある理一を演じる。赤楚さん自身、華のような“仕事一筋”な女の子は「すてきだなと思います」といい、自分とも「ちょっと重なるところがある」という。「僕も上京して『なんのために今ここにいるのか』と考えたとき、第一にすべきは仕事だった。だから一番恋愛したい時期にもかかわらずお仕事を頑張っている人というのは、大変なのも分かりますし、すてきだなと思います」と自らと重ね合わせて語る。

1/3ページ

最終更新:2019/12/12(木) 20:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事