ここから本文です

阪神・岩貞“省エネ投法”で目標の規定投球回到達へ 「1試合平均の球数減らす」

2019/12/12(木) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神の岩貞祐太投手(28)が11日、来季のマウンドで“省エネ投法”を目指す考えを示した。「安定感というか、1試合平均の球数を減らしたり」と少ない球数での登板を増やし、チームの信頼を得る姿勢だ。

【写真】契約更改を終え…岩貞は厳しい表情を見せる

 球数を抑えれば、長いイニングを消化でき、中継ぎ陣の温存にも直結する。その先には「毎年目標にしている」という規定投球回到達も見えてくる。試合の重要な局面では球数を費やす必要性もある。それを踏まえた上で「併殺でしのいだり、計算して取るアウトを増やしていけば、イニングは伸びると思う」とうなずいた。

 この日は鳴尾浜でキャッチボールなどで調整。「カード頭や、しんどいところを投げられるように」と、左腕は来季へ鋭いまなざしを向けた。

最終更新:2019/12/12(木) 10:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事