ここから本文です

三原じゅん子議員 34歳・女性首相誕生に「日本でもこんな日が来るのだろうか!」

2019/12/12(木) 21:27配信

デイリースポーツ

 自民党の三原じゅん子参院議員が12日、ツイッターに新規投稿。フィンランドでは、現職として世界最年少の首相となる34歳のサンナ・マリーン社会民主党党首が首相に就任し、連立政権を組む5党の党首が全員女性で、うち4人が35歳以下という報道を引用し、「日本でもこんな日が来るのだろうか!」とつづった。

【写真】美しさも見逃せないサンナ・マリーン氏

 自民党の女性局長を務めている三原氏の思いを込めた投稿に対し、「自民党では無理だと思います」「性別は関係ない。女性にこだわる事がまた変な差別を生む」といったコメントが続いた。

 また、「政治家の資質と、男女云々は関係無いっす」というリプライに対し、三原氏は「本当にそう思います?」と返信。「男女問わず『出来る人・凄い人』は実際にいますから」と返答され、三原氏は「嬉しいご意見だな~」と反応していた。

最終更新:2019/12/12(木) 21:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事