ここから本文です

梅宮さん「アンナが生まれて生き方変えた」 映画見て憤慨電話も…高橋克典明かす

2019/12/12(木) 21:30配信

デイリースポーツ

 俳優・高橋克典(54)が12日、都内で取材対応し、亡くなった俳優・梅宮辰夫さんを悼んだ。梅宮さんと、高橋の母親がいとこの親戚関係で、幼少時から「辰夫おじさん」として慕ってきた。

【写真】錦野旦「もうたまんないですね…」梅宮さん死去に号泣

 最近も梅宮さんは、体調がよくない時期もあったが「どこまで生きられるか分からないけど、好きに生きるぞ」と明るかったという。今夏に入院した際は、退院前日に「もうガマンできない」と言い出し、一緒に買い物をしたことも。10月に高橋の母を亡くした時には、梅宮さんも参列し「まだいける」と話していたという。

 高橋は、昭和の華やかな映画の世界で活躍した梅宮さんが、後にテレビのバラエティーにも出演するようになったことを「色々考えたと思うんですね」と話した。「アンナが生まれてから生き方変えた、子どもができたら優先順位が変わるとおっしゃってました」と明かし、「男として父親の先輩として、それはすごく格好いいなと思いましたね」と振り返った。

 「最後の15年は一緒に仕事させていただけたのが、うれしかったです」と、高橋主演のテレビ朝日系ドラマ「特命係長 只野仁」シリーズでの共演を回顧。

 最近も梅宮さんがよく、映画やドラマを見て憤慨して電話してくることがあり「今のやつは線が細い」と怒っていたという。「俺たちも必死にやってたんだ。がんばれよ、お前ら」と若い世代を激励していたという。

最終更新:2019/12/12(木) 22:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ