ここから本文です

“ドラ泣き”が来夏再び 3DCGアニメ『STAND BY ME ドラえもん2』映画決定

2019/12/12(木) 15:15配信

オリコン

 3DCGアニメーションで描かれ、2014年に「ドラ泣き」で日本中を席巻した『STAND BY ME ドラえもん』に続く物語、『STAND BY ME ドラえもん2』が来年8月7日に公開することが決定した。

【動画】『STAND BY ME ドラえもん 2』特別映像も公開に

 原作者、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として、2014年に「ドラえもん」史上初の3DCGアニメとして公開され、日本中に感動の渦を巻き起こした『STAND BY ME ドラえもん』。「ドラえもん」の世界にそのまま入り込んだかのような圧倒的な映像と、大人も泣ける感涙のストーリーが話題となり、老若男女全世代に受け入れられ、興行収入83.8億円を記録。世界中でも公開され、全世界興行収入が100億円を突破するなど、映画史に残る大ヒットを記録した。

 本作を手がけるのは、前作に引き続き、山崎貴(脚本・監督)と八木竜一(監督)の名コンビ。脚本は、山崎氏が前作で描きたくても実現できなかった、原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」(原作4巻)をベースに、新たなオリジナル要素を加えて再構築した、全世代に響く感動的なストーリー。さらに、しずかちゃんとのび太の結婚をめぐるラブストーリーが描かれた『STAND BY ME ドラえもん』に続く物語になっている。

 山崎氏は「50周年という記念の年にこの作品をリリースできることはとても光栄なことです。製作はまだ半ばですが、なんとかスタッフに底力を発揮してもらって、素敵な映画を夏にお届けできればと思っています」とコメント。

 八木氏は、前作からのスケールアップを約束し「前回出せなかった新しいひみつ道具、前回大変すぎて出来なかった場所などなど、世界を拡げて皆さんにお届けします」とメッセージ。「ドラえもんを知っているすべての世代に共感してもらえる、そんな『1日』たちを『STAND BY ME ドラえもん 2』では描いています。是非、来年夏に少し不思議な『1日』体験をしてみてください」と呼びかけている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 15:32
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事