ここから本文です

ダンス&ヴォーカルユニット『卒業☆星』が3rdシングル発表 表題曲「Happy End」が「バズリズム02」1月エンディングテーマに決定

2019/12/12(木) 19:00配信

デビュー

 井上ヨシマサプロデュースのダンス&ヴォーカルユニット『卒業☆星』(そつぎょうせい)の3rdシングル表題曲「Happy End」が、テレビバラエティ番組『バズリズム02』(日本テレビ)の2020年1月エンディングテーマに採用されることが決定。なお、エンディングテーマの初回放送となる2020年1月3日にデジタル配信リリースすることも決定している。

【写真】卒業☆星3rdシングル「Happy End」のジャケット写真。

 『卒業☆星』は2019年4月のデビュー以来2度のシングルリリースを経て、10月には早くも1stアルバム「Frontier」をリリース、3度のワンマンライヴを成功させてきた。直近では、プロデューサー・井上ヨシマサによる厳正なるボーカルオーディションを勝ち抜き、“可愛すぎるビールの売り子”として注目を浴びた伊藤愛真が新たにメンバーとして加入。今回のシングルが、伊藤を加えた新生『卒業☆星』としてのリリース第一弾となる。

 新年のスタートを飾る3rdシングル「Happy End」は、来たるべき2020年の幸せを祈る曲だ。暗い事件や天災が相次ぎ、辛い思いをすることの多い昨今。かつて1960年代にも同じような空気感が漂う時代があったが、サイケデリックなファッションを身に纏った当時の若者達は「LOVE & PEACE」を合言葉に、希望に満ちた新しい時代を切り開いていった。

 そんな時代とシンクロする現代をテーマに、「悩みもあるけれど希望を持って生きて行こう!」とレゲエのリズムで、明るく高らかに歌い上げる「Happy End」。これまでの『卒業☆星』の楽曲はダンステイストの強いものが多い印象であったが、力強くも切なさを感じさせる歌唱が魅力の新メンバー伊藤愛真・グループの歌唱を支えてきた実力派の山本栞里が紡ぐボーカルが印象深い楽曲に仕上がっている。メンバー最年少の16歳でありながら高い表現力をもつ阿部サラを中心に魅せる、ハッピーで親しみやすいダンスにも注目だ。また、60年代を彷彿とさせるヒッピーテイストに、現代的なアレンジを加えたファッションも目新しい。

 カップリング曲として、10月発売の1stアルバムで人気の高かったバラード曲「親友」の韓国語バージョンを収録。アジア各国を皮切りに、世界に向けて『卒業☆星』の楽曲を発信する第一歩となる。韓国語を猛勉強中という山本栞里・伊藤愛真の、美しく心に迫る歌唱に浸ってほしい。

最終更新:2019/12/12(木) 19:00
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事