ここから本文です

鉄スクラップ関東輸出価格、1497円高の2万5804円

2019/12/12(木) 10:02配信

日刊産業新聞

関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は11日、12月契約分の鉄スクラップ輸出入札を実施し、平均落札価格(H2)はFASトン当たり2万5804円となった。11月12日実施の前回比で同1497円高い。数量は合計2万3000トン。海外相場の上伸が影響し、足元の関東相場を1000円以上上回る価格で落札された。今回の結果が国内相場の強気材料となることは必至とみられる。

最終更新:2019/12/12(木) 10:02
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事