ここから本文です

槙原寛己氏が語る、知られざる大府高校への入学の決め手。愛知4強を選ばなかったわけ

2019/12/12(木) 12:00配信

高校野球ドットコム

 現在、大好評配信中のAmazonプライムビデオ「プロ野球そこそこ昔ばなし」は、芸人ナイツと吉田明世アナウンサー、野球解説者の金村義明氏を中心に毎回、プロ野球OBのゲストを迎え、当事者たちしか分からない当時の裏話を笑いとともに語り合う内容になっている。気になる話は本編を見ていただければと思うが、そこに第10話と第11話のゲストとして出演した槙原寛己氏が今回のお相手だ。

【写真】巨人のニュースター候補・戸郷 翔征の聖心ウルスラ時代

 1981(昭和56)年のドラフトで大府高校在籍時代に巨人から1位指名で入団した槙原投手。その後プロ野球では完全試合なども達成し、通算159勝を記録している。そんな槙原投手の高校時代を振り返ってもらった。
 今回は3回連載にてお届けします!

 槙原氏は、愛知県半田市出身で、半田中から大府高へ進学。愛知県では、私学4強と呼ばれている中京(現中京大中京)、東邦、享栄、名古屋電気(現愛工大名電)名古屋市内の4強に加えて愛知も強く、私学5強と呼ばれていた時代である。そんな中で、比較的名古屋市にも近い半田市から、敢えて大府高に進学した槙原氏。そのあたりから聞いてみた。

兄の影響もあり私学5強ではなく大府に進学

―― 当時はまだ、今の時代のように少年野球のクラブチームがそれほどあるわけではなく、槙原さんも半田中の野球部だったんですが、中学での成績(知多地区では郡大会という)はどうだったのでしょうか。

 郡大会は、そんなに勝っていないですよ。一つか、二つだったんじゃないですか。

―― 当時から、背も高く大型投手という評価は得ていたと思うのですが、高校進学としては、いわゆる名古屋私学4強という進路は考えていらっしゃらなかったんですか。

 正直、あまり知らなかったんですよ。それに、今みたいにそんなに情報が溢れているという時代でもありませんからね。どこにどんな選手がいて、どこへ行くんだなんてことはほとんど知りませんでした。

―― ただ、多くの有力校から、声をかけられたり、誘われたりということはなかったのでしょうか。

 球は速かったかもしれませんが、そんなにコントロールもよくなかったですから、そんなこともなかったと思います。それと、ちょうど三つ違いの兄が大府でやっていましたし、自分もそこでいいかなと思っていました。普通科で、野球をやれて大学へも行けるところと言うと、大府が一番よかったですね。

―― 当時の大府は、澤正良監督で愛知県では知られた監督でもありました。

 練習も見学に行ったんですけれども、ここでやろうという気になりました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 12:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事