ここから本文です

U2日本公演の様子を番組ADが熱くレポート!「冗談抜きでマジで泣いた」

2019/12/12(木) 11:59配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。

12月2日(月)から12月5日(木)は、U2を特集。U2は12月4日(水)と5日(水)に、さいたまスーパーアリーナで13年ぶりの来日公演「U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019」を行った。

半ばあきらめていたU2の来日公演の実現

U2特集の最終日では、来日公演に自腹で足を運んだという番組スタッフ「AD ゾンビ」がライブレポートを披露。登場するなりバックで流れていた『Beautiful Day』を聴いて「神イントロ、マジで最高」と、さっそくU2愛を炸裂させる。

あっこゴリラ:13年ぶりの来日公演ということだから、もちろん生は初めてですよね? チケット取れたときはどうでした?
ゾンビ:マジで生きててよかったと思いました。
あっこゴリラ:(笑)。そうだよね。
ゾンビ:本当に「2度と来ない」ってずっと言われていたんですよ。僕も諦めていて「海外に行ってやろう」と思っていて。夢の1つだったんです。「死ぬまでにU2のライブを絶対観る」って。それがやっと叶った。ヤバくないですか?
あっこゴリラ:エモい!
ゾンビ:前の日とかヤバかったです。寝られなくて、ずっとU2を家で聴いていました。

「全てが開ける」ジ・エッジのイントロ

ライブでも演奏された、U2『Where The Streets Have No Name』を紹介する。

曲が流れている間も、AD ゾンビは大興奮。「このイントロ、神なんすよ。45秒でジ・エッジのギターが鳴るんですよ!」などと解説していたそうだ。

あっこゴリラ:このジ・エッジのギターが鳴るイントロは、どんな感じがするの?
ゾンビ:「全てが開ける」みたいな。ライブでもこのイントロをやったとき、メンバーがセンターステージから移動をしてきて。50メートルのスクリーンの前に立って、45秒のところでジ・エッジが弾くと、モニターの映像が『The Joshua Tree』公演の1本道の道路に変わる。そこで「ウワー!」って開ける感じでした。ボノの広くて深い声が、いい感じにジ・エッジのギターと合わさって、没入感が半端ない。冗談抜きで、マジで泣きました。本当に美しすぎて……最高でした。
あっこゴリラ:歴史的名盤と言われる『The Joshua Tree』の完全再現ライブだったわけですから、その1曲目ということでそういう始まりだったってことですね。
ゾンビ:正確に言うと、ライブは3パートで構成をされていて、1パート目に『The Joshua Tree』以前の代表曲を演奏したんです。『Sunday Bloody Sunday』からスタートをして『Pride (In The Name Of Love)』までをやって、そこからが『The Joshua Tree』パートを完全再現。その1曲目が『Where The Streets Have No Name』です。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 11:59
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事