ここから本文です

ジャスティン・ティンバーレイク、公開謝罪は妻ジェシカ・ビールから要求されたものだった

2019/12/12(木) 21:50配信

ELLE ONLINE

新作映画で共演している女優アリーシャ・ウェインライトとの浮気疑惑が浮上したジャスティン・ティンバーレイク。先週、インスタグラムに声明を発表し「共演者との間には何もない」「素晴らしい妻や家族をこのような恥ずかしい目に合わせてしまったことを謝りたい」とコメントしていた。実はこの声明を出すよう、ジャスティンに要求したのは妻のジェシカ・ビールだったと関係者が証言している。

【写真】ジャスティン・ティンバレーク&ジェシカ・ビールの愛の軌跡

関係者曰く「ジャスティンがインスタグラムで声明を発表するよう、ジェシカが後押しした。彼女は彼の行動をとても恥ずかしいと思っていて、彼に責任をとって欲しかった」。夫婦関係には変化はなく「強く結びついている」という。

ジェシカは今回の騒動に公には反応していない。でも関係者は雑誌『ピープル』に「ジェシカにとって一番大切なのは家族と息子にとって最高の母親になること。こんなことで家庭を壊すつもりは絶対にないだろう」と証言、家庭を守ることに躍起になっていると示唆している。浮気疑惑が浮上した直後は「ジェシカもジャスティンも大したことではないと笑い飛ばしている」と関係者は語っていたけれど、この様子を見るとジェシカにとっては最初から「大したこと」だった可能性も大。このまま騒ぎが鎮まるのか今後の動きに注目したい。

最終更新:2019/12/12(木) 21:50
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事