ここから本文です

ホンダ「VFR750R(RC30)」は、世界のレースで勝つために誕生した市販車最強マシン

2019/12/12(木) 19:00配信

バイクのニュース

プライベーターがワークスに勝てるマシンを市場に投入したホンダ

 1987年、世界が驚く市販モデル「VFR750R(RC30)」をホンダは発売します。1988年から始まるスーパーバイク世界選手権(SBK)に出場するマシンをホンダは圧倒的なスペックで市場に投入します。

すべては世界で勝つため! 最強マシンの「VFR750R(RC30)」を画像で見る!

 現在も行われているSBKは、レギュレーションで市販車ベースのマシンの使用が義務付けられ、それまでHRCがレース専用で作っていたモデルではSBKに参戦できずホンダは、ホモロゲーションを通すためにレースに勝てる市販車を発売することになります。

 ワークスマシンRVFを意識し、SBKで勝つために生まれたマシン「VFR750R(RC30)」は、国内限定1000台、148万円で発売されます。当時のバイク相場からは、頭ひとつ飛び抜けた価格設定でしたが、予約の時点で数倍の応募があり抽選になったほどです。

 また、VFR750R(RC30)には、見た目に差は殆どありませんが、国内仕様よりもヘッドライトが大きく、エンジンもフルパワー仕様になった輸出車も存在しています。

 エンジンは、新設計の水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒で、チタン合金製のコンロッドやクロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフトを採用。また、吸排気系や燃焼室形状、さらにクラッチやミッションなどの駆動系にいたるまで、レースで得た技術を幅広く活かしています。さらに、上下二連式の大容量ラジエーターは、形状を弓形に湾曲させ、空気流入量を増し、冷却効率も高められています。

 メインフレームは、極太の異形5角形断面材を使用した、ホンダ独自のアルミ・ツインチューブ・バックボーンフレームを採用。また、アルミ製燃料タンクを装備し、フェアリングも繊維強化プラスチック(FRP)製とするなど軽量化がはかられています。

 足回りは、直径43mmの大径フロントフォーク、片持ち式リアフォーク(プロアーム)を採用し、高剛性とすぐれた整備性を実現しました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 20:27
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事