ここから本文です

CL制覇を目標とするメッシ 次節のクラシコについても言及「特別なゲーム」

2019/12/12(木) 12:22配信

SPORT.es

11日(水)、アディダスのPRイベントに出席したレオ・メッシは、「FCバルセロナが直近2シーズンのチャンピオンズリーグにおけるローマとリヴァプールでの失態をすぐに忘れ、ゼロからスタートする必要がある」と語っている。

グリーズマンがサッカー人生を振り返る「ソシエダの下部組織時代が自分を作った」

「正直、チャンピオンズリーグはいつもそこにある。しかし、新たなシーズン、新たな大会であり、ゼロからのスタートと考えるべきだ。我々がすべきことは、過去のミスから学び、今に集中することだ」とメッシは説明している。

イベントのプレゼンターを務めたエデゥ・ガルシアから質問を受けるメッシは、昨シーズンとその前のシーズンのことは忘れるべきであり、同じ過ちを犯してしまう可能性があるからと主張している。

■クラシコ
レアル・マドリーとのクラシコについて聞かれたメッシは、マドリーのポテンシャルを評価しながら、「非常に手強いマドリーを想定している。ここ最近見せている一貫したパフォーマンスを見せてくるだろう。マドリーとのクラシコは、いつも特別な試合であり、どんなコンディションかなんて関係ないんだ。そして、現在、両チームとも調子がいい」と述べている。

6度目のバロンドールについては、「自分にとっては、全てがスペシャルであり、それぞれが違った意味を持つ。今回のものは、個人として、フットボーラーとしての意味を感じている。ただ、それぞれに小さな意味があるんだ」と口にしている。

■拮抗するラ・リーガ
今シーズンのラ・リーガについて、「我々は、全てのチームの力がより拮抗してきている。各チームともホームでより強さを見せており、我々にとってアウェイで戦うのが非常に難しくなっている。だから、我々にとっては、全てがより拮抗してきており、より難しくなっている」ともメッシは言及している。

メッシは、個人的にも非常に有意義な時間を過ごせていることを明かし、「秘密はないが、安定と仕事がある。常に自分との戦いであり、毎日成長しようとし、しっかりと休息し、自分のしていることを楽しんでいる。それら全てが自分を幸せにしてくれているし、フットボールに専念することができている」と語っている。

グレーのジャージ姿でファンの前に姿を見せたメッシは、今後の試合で着用する予定の新作ネメシスを発表する前に、6度目のバロンドールもお披露目している。なお、イベントには、入場料5ユーロ(約600円)が必要だったにもかかわらず、1000人以上の人々が集まっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/12(木) 12:22
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事