ここから本文です

ミランが狙うイブラヒモビッチ、移籍の“鍵”を握るのは?

2019/12/12(木) 16:38配信

SPORT.es

メジャーリーグ・サッカー(MLS)に渡ってから2年、ズラタン・イブラヒモビッチはロサンゼルス・ギャラクシーでのプレーは続けない決断を下している。

イブラヒモビッチの銅像とスウェーデンの自宅が放火される

同FWは2020年1月からの所属先を選んでいる段階である。『Gazzetta dello Sport』によると、既にACミランが同選手の獲得を狙っており、さらには補足的なサポートがあるようだ。

同イタリアメディアは同選手の妻であるエレナ・セーガーが、イブラヒモビッチのACミラン復帰に影響を与える可能性があると説明している。この件について最終的な決断を下すのはイブラヒモビッチであるが、彼の妻が重要な役割を果たすことになるかもしれない。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/12(木) 16:38
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事