ここから本文です

出場機会減るカバーニ、トゥヘル監督も指摘「早くリズムを取り戻すべき」

2019/12/12(木) 21:03配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)の監督トーマス・トゥヘルは、CL2019/2020のグループAの最終戦であるガラタサライ戦で、エディンソン・カバーニが先発で出場しないとコメントしていた。

マドリー戦起用なしのカバーニが試合後に監督へ不満ぶつける

「彼はリーグ・アンのモンペリエ戦に出場していなかったし、1回のトレーニングしか行っていなかった。それは彼にとって90分プレーするためには不十分である」とPSGの監督は認め、9番を背負う同ウルグアイ人はトップフォームではないことを指摘していた。

「攻撃陣はサラビア、エムバペ、イカルディ、ネイマールと同じメンバーでスタートする決断を下した。エディ(カバーニ)は途中から出場した。しかし、彼はまだ本調子ではない。彼はできるだけ早くリズムを取り戻すべきだ」とトゥヘルは『RMC Sport』のマイクに向かって、グループリーグ最終戦の序説の中で強調している。

マウロ・イカルディがこれまで見せている素晴らしい活躍は、カバーニの脅威となっている。シーズン序盤の8月の下旬に負った負傷によって、カバーニのリーグ・アンでの出場は330分に留まっている。CLでの出場はクラブ・ブルッヘ戦(1-0)の20分とガラタサライ戦の20分となっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/12(木) 21:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事