ここから本文です

「映える」家事しかしない「見えるところだけイクメン」呆れた妻たちが出した答え

2019/12/12(木) 10:15配信

LIMO

父親世代に比べ、夫の家事参加率が上がってきたと言われる昨今。共働き家庭が増える現代夫婦にとってかなり気になる話題です。しかし、実際に妻の話を聞いてみると「うちの夫は『自称』イクメンに過ぎない」「うちなんて子育ては他人事だと思っている」と厳しい一言。妻たちは一体どのような現実をみているのでしょうか。

イクメンを語るレベル?

ご近所からは子煩悩で有名なSさんのご主人。休日は子供と出かける姿をSNSにアップしたり、有休を利用して子供の行事にも積極的に参加しているようです。一見問題のなさそうなSさんの家に何か問題があるのでしょうか。

「ご近所やSNSでつながっている友人から『本当に素敵なパパね』といわれるたびに腹が立ちます。夫はもともと承認欲求が強く、自分がやったことは無駄なく世間から認められたいタイプ。そのため、お出かけや知り合いにたくさん会える『映え』のするものは率先して行います。逆に言うと、映えのするものにしか興味がないというか…。お出かけするにしたって、出発5分前まではパジャマでスマホをいじっているだけで準備はすべて私。

しかも、お出かけしてもイイネがたくさんつくともう育児には興味がなくなり早々に帰宅したがります。帰宅後は子供よりも先に寝るという、もはやイクメンなんて言葉とは一番遠いのではないかと思うような醜態にイライラが募る一方です。育児はもっと地味でコツコツすることこそ本質だと思います!」

なんと、Sさんのご主人は「見えるところだけイクメン」だったのです。男性は家事や育児の目立つ部分をやりたがる、とよく言われますがどうやら典型的なそのタイプのようですね。

まだまだ他人事の男性たち

こうした間違ったイクメンが増殖する一方、日本にはまだまだ「自分は育児なんて関係ない」と考えている男性が存在します。それは「たくさん稼いで妻を楽させてやっている」と思っている高収入の夫たち。彼らの妻はセレブ妻などと分類され、働く必要のない裕福な妻としてかつては憧れの存在でした。

しかし、最近ではそういった男性と結婚する女性たちも自ら学びキャリアを付けている場合が多く、お金のためだけに仕事をしているわけではなくなっているといいます。社会とのつながりや自己実現を望む妻に対し、いまだ「お金だけ与えていれば不平不満はないだろう」と考える夫たち。そんな夫たちが家事を率先して手伝うわけもなく、「家のことを完璧にするのであれば仕事をしてもいい」などと発言し、社会進出を望む妻たちの悩みの種となっているようです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 10:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事