ここから本文です

40代単身の4割が金融資産ゼロ?老後に備えた資産運用の始め方

2019/12/12(木) 19:15配信

LIMO

政府は、100万人ともいわれる就職氷河期世代の支援策として、国家公務員の中途採用枠で重点的に採用する方針を決めました。具体的には3年間で正規雇用を30万人増やすことを目標としています。

就職氷河期世代とは、バブル崩壊後10年ほどの期間に新卒の時期を迎えた世代で、「ロスト・ジェネレーション」(ロスジェネ)とも呼ばれています。彼らのなかには、正社員になれずに非正規労働者として社会人生活を送っているケースも目立ちます。そして収入が安定せず、結婚や出産・妊娠ができない人も中にはいます。就職氷河期世代の独身者が、老後のためにできる資産形成・運用について考えていきます。

40代単身世帯の金融資産はどれくらい?

では、40代独身者のお金事情についてデータから見てみましょう。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]平成30年調査結果」(各種分類別データ)によると以下のようになっています。

<40代の単身世帯>
• 金融資産を保有する世帯の割合:57.4%
• 保有世帯の金融資産保有額の平均値:1,177万円、中央値:500万円
• 金融資産ゼロ世帯を含む全体の平均値:657万円、中央値:25万円
※「金融資産ゼロ世帯」とは、預貯金を含む金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみを保有しているがそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯を指します。

金融資産ゼロ世帯を含んだ金融資産保有額の中央値は25万円、つまり40代単身世帯者の半分は金融資産が25万円以下ということです。貯蓄したくてもできない人が数多くいることがわかります。彼/彼女らが50代になって所得を増やし貯蓄ができるようになるのでしょうか。

また、非正規労働者の問題のひとつは公的保険・年金の加入率が低いことです。厚生労働省による「平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況」では、正社員の雇用保険加入率92.5%、健康保険加入率99.3%、厚生年金加入率99.1%でした。たいして非正規労働者は雇用保険67.7%、健康保険54.7%、厚生年金52.0%となっており、失業時や身体が不調のときはもちろん、老後の生活にも不安の残る数字となっています。

1/3ページ

最終更新:2019/12/12(木) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事