ここから本文です

本田望結、華麗なスケーティングを披露 「今日一番いいものができた」と自信

2019/12/12(木) 18:20配信

クランクイン!

 女優でフィギュアスケーターの本田望結が12日、都内の東急シアターオーブで行われた『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』のプレスコールと囲み取材に登場。応援サポーターを務める本田が、『アナと雪の女王2』の楽曲にあわせ自ら衣装・振付を担当したという華麗なスケーティングを披露した。

【写真】『アナ雪』アナからエルサに変身! 本田望結、華麗なスケーティングを披露


 日本公演は今年で4回目となる『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』。クリスマスソングの数々やゴスペル、サンタクロースとダンサーによるタップダンスや途中にはスケートリンクも登場し、大人から子どもまで楽しめるおもちゃ箱のようなステージが繰り広げられる。

 冒頭のプレスコールでは、出演キャストたちによるクリスマスソングメドレーや、応援サポーターを務める本田が、『アナと雪の女王2』の「イントゥ・ジ・アンノウン」にのせて、ステージ上でスケーティングを披露。その後、囲み取材に応じた。

 2016年に上演が始まって以来、今年で4回目の応援サポーターを務める本田だが、「まだ決まってもいないのに、去年から来年どうしようと考えていた」といい、「今年は『アナ雪』の曲を使わせていただくので、衣装や自分の動きにも変化をつけたかった。一番考えましたし難しかったんですけど、今日一番いいものができた」と自信をのぞかせた。

 また曲の途中では、アナからエルサの衣装へと変化するシーンがあり、衣装は本田オリジナルのもの。「今朝家を出る10分前に、衣装を作って下さってる方が家に届けてくださって。できたてほやほや! 本当に満足しています」と満面の笑み。また、「マントをとるというのも、衣装を変えるのもやりたいと思っていて。マントはアナをイメージして、(チェンジした後の)衣装はエルサをイメージしたので、それが伝わるといいな」と思いを明かした。

 さらに去年と比べて、今年自分が一番変わったと思うことについては「(妹の)紗来と両思いになったこと(笑)」と明かし「今まで片思いだったのが、最近紗来も私のこと好きなんじゃないかなと。今朝も起こしてくれて」とほほ笑ましいエピソードも。

 またクリスマスがテーマの本公演だが、多忙な本田家はなかなかみんなで一緒に過ごせないと言い「例えばみんながスケートを引退してからとか、もう少し時間ができてから、チキンやケーキを食べたりザ・クリスマスみたいなことをしてみたいな」と希望も吐露。

 最後には本公演について「本当に楽しい。観て笑顔になって帰れる最高なショー。ぜひ足を運んでいただるとうれしいです」とアピールし会見を締めくくった。

 『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』は、12月14日~25日まで東急シアターオーブにて公演(本田は、12月14日公演、23日、24日、25日の14時公演のみ出演)。

最終更新:2019/12/12(木) 18:21
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事