ここから本文です

ヤケドするほど熱い!? 超ホットなコンパクトカー3選

2019/12/12(木) 14:10配信

くるまのニュース

小粒でピリッと辛い! 日欧のコンパクトホットモデルたち

 高性能なコンパクトカーのことを「ホットハッチ」や「スポーツコンパクト」と呼びます。

【画像】カッコイイけどかわいい!? 最新ホットハッチをチェック

 かつて、ホンダ「シティターボII」や日産「マーチ スーパーターボ」、トヨタ「スターレット ターボS」などがその代表格でしたが、いまでは少数派です。

 そこで、いま日本でも手に入る国内外のコンパクトなホットハッチを3車種ピックアップして紹介します。

●スズキ「スイフトスポーツ」

 スズキのグローバルコンパクトカーカー「スイフト」は、2000年に初代モデルが発売されました。

 2003年のマイナーチェンジで、115馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載した「スイフトスポーツ」が誕生します。チューニングされたシャシにレカロシートを装備するなどしながらも、119万円(消費税含まず)と低価格だったこともありヒットします。

 その後もスイフトスポーツは代を重ね、現行モデルは4代目となります。

 エンジンは1.4リッター直列4気筒ターボを搭載し、140馬力を発揮。20mm拡幅したフェンダーによってスイフトシリーズ初の3ナンバーサイズになりましたが、ボディ剛性の向上と軽量化を高い次元で両立し、6速MT車で970kg、6速AT車で990kgの車重を実現しています。

 加速性能を推し量る目安として馬力あたりの重量(パワーウエイトレシオ)がありますが、スイフトスポーツは6.9kg/馬力と本格的なスポーツカーと肩を並べるほどです。

 コンパクトカーとして実用性が高く軽快な走りもできると、まさに現代を代表する「ボーイズレーサー」ではないでしょうか。

 スイフトスポーツの価格(消費税込、以下同様)は187万円からです。

●フォルクスワーゲン「up! GTI」

「up!」は現在、フォルクスワーゲンのラインナップでもっとも小さなクルマです。

 全長3625mm×全幅1650mm×全高1485mmというボディサイズは初代「ゴルフ」とほぼ同じで、フォルクスワーゲンのホットモデルに与えられる「GTI」もゴルフから継承しています。

 up! GTIの内外装には、GTIファミリーの特徴ともいえるレッドのアクセントをふんだんに使用していて、GTI伝統のタータンチェック柄のシートも装備。

 全体のたたずまいも、専用の17インチホイールやエアロパーツが与えられて、小さいながらも迫力を感じさせるデザインです。また、3ドアのみという潔さもあり、実用よりも走りを重視しています。

 エンジンは1リッター直列3気筒ターボで、出力は116馬力を誇り、トランスミッションは6速MTのみ。この出力も初代ゴルフGTIに近く、欧州では「初代ゴルフGTIの再来」という声も上がったほどです。

 車重は1000kgとかなり軽量な仕上がりで、チューニングされた足まわりと相まって、軽快な走りを見せます。

 価格は234万2000円で、日本での発売当初は限定車として販売されていましたが、現在は特別仕様車としてカタログモデルになり販売されています。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 17:17
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事