ここから本文です

イブラは強気な後輩がお好き! 「クソアタッカー」と言い返した後輩を可愛がる

2019/12/12(木) 3:00配信

超WORLDサッカー!

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは小生意気な後輩を好んでいるようだ。

同選手のパリ・サンジェルマン(PSG)時代の後輩で、現在リールで守護神を務めるフランス代表GKミケ・メニャンが『フランス・フットボール』のインタビューで興味深いエピソードを明かした。

PSGの下部組織出身のメニャンは、イブラヒモビッチが在籍していた時代にシュート練習の相手を務めることが多かったという。

その際、簡単なシュートを止められずにいると、同選手は当時17歳だった若手GKに対しても厳しい罵声を飛ばしていた。ただ、ある時にメニャンが反抗する態度を見せると、百戦錬磨のストライカーはそれに怒ることなく、逆に褒め称えてくれたという。

「僕たちはここ最近連絡を取り合うことはないけど、今でも彼のことを熱狂的に慕っているんだ。彼はいつでも面と向かってハッキリ思っていることを伝えてくれるんだ」

「もちろん、あの感じだから過去には辛い状況に追い込まれたこともあるよ。17歳の若者が彼から叱責を受ければ、それはショックなことだけど、あるとき僕は普通では考えられないけど、彼に言い返したことがあったんだ」

「トレーニング中にズラタンは時速400kmぐらいに感じる強烈なシュートを打ってきたんだ。それは彼にとって簡単なことだと思うけど、ボックス内の至近距離であんなシュートを打たれたら、(ジャンルイジ・)ブッフォンやジュリオ・セーザルだって止められなかったはずさ」

「それなのに彼は僕に向って『お前はクソGKだ』って言ってきたんだ。それは個人的に受け入れられないものだった」

「でも、その後に彼のシュートを今度は止めることができたんだ。だから、僕も何か言い返してやろうと思って、『クソアタッカー』って叫んだんだ」

「彼は僕のことを見ていたけど、その後に何も言ってくることはなかった。だけど、ロッカールームに戻ってから彼は僕のところに来て、『あれ(言い返したこと)は良かった。お前の振る舞い、性格を気に入った』と話してくれたんだ。それ以前から彼のことが好きだったけど、あの出来事がより彼への尊敬を強めたよ」

若手時代から現在に至るまで強烈なパーソナリティーを放ち続けるイブラヒモビッチだが、自身の存在に臆せず向かってくる強気な後輩を好んでいるようだ。それにしてもサッカー界最強の部類に入る同選手に対して、「クソアタッカー」と言い放った当時17歳のメニャンの勇気に称賛の言葉を送りたい。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/12(木) 3:07
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事