ここから本文です

初出場のアタランタがシャフタールとの直接対決制し、最下位から2位浮上で大逆転突破!《CL》

2019/12/12(木) 4:52配信

超WORLDサッカー!

チャンピオンズリーグ(CL)グループC最終節、シャフタールvsアタランタが11日に行われ、0-3でアタランタが勝利し決勝トーナメント進出を決めた。

2週間前に行われた前節マンチェスター・シティ戦を引き分けに持ち込んだ2位シャフタール(勝ち点6)と、ディナモ・ザグレブ戦でクラブ史上初勝利を挙げた最下位アタランタ(勝ち点4)による決勝トーナメント進出を懸けた直接対決。

シャフタールはタイソンやジュニオール・モラエスを、アタランタはアレハンドロ・ゴメスやムリエルをアタッカーに起用した中、アタランタが積極的な入りを見せた。

そしてパシャリッチやムリエル、アレハンドロ・ゴメスらがそれぞれ決定的なシュートに持ち込んでいく。

そんな中15分、シャフタールが先制しかける。タイソンのスルーパスを起点に最後はステパネンコがネットを揺らすも、タイソンのスルーパスを受けたチッチがオフサイドだった。

その後はアタランタが押し込む時間帯が続いていたが、シャフタールが37分に決定機。ジュニオール・モラエスのゴール至近距離からのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKゴッリーニのファインセーブに阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半、開始6分にムリエルの強烈な直接FKがGKを強襲したアタランタが前がかる中、61分に古巣対決となるマリノフスキーを投入。

すると66分、ボックス左に侵入したアレハンドロ・ゴメスの折り返しを受けたカスターニュがネットを揺らすと、一度はアレハンドロ・ゴメスのポジションがオフサイドと判定されるも、VARの末にオンサイドと判定され、アタランタに先制ゴールが生まれた。

そして77分にフロイラーを叩いたドゥドゥが一発退場となって10人となったシャフタールに対し、アタランタは80分に勝負を決定付けた。右サイドからのマリノフスキーの鋭いFKをパシャリッチが僅かに触ってゴールに押し込んだ。

そして追加タイムにもゴセンズが決めたアタランタが3-0で勝利し、シティに敗れたディナモ・ザグレブもかわして最下位から2位に浮上。大逆転で決勝トーナメント進出を決めている。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/12(木) 4:52
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事