ここから本文です

「お客さん戻ったことがうれしい」来場者と肩を抱き合う係員 首里城の公開エリア8割に拡大

2019/12/12(木) 18:40配信

沖縄タイムス

 10月31日の火災で正殿など全焼した首里城の公開エリアが12日に拡大され、火災前の8割程度の面積に戻った。一部が焼けた奉神門や北殿も見える。大勢の観光客や地元客が訪れていた。火災後に城郭内が公開されるのは初めて。

これから首里城行くならこのコース 周辺街並みも楽しめる新ルート

 立ち入りできるようになったのは歓会門、久慶門、広福門、西のアザナ、銭蔵など。

 休憩所の係員の一人は「お客さんが戻ってきたことがうれしい」と笑顔を浮かべ、なじみの地元客と肩を抱き合っていた。

最終更新:2019/12/12(木) 18:46
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ