ここから本文です

MotoGP:ロレンソ引退やザルコ残留により体制変わる2020年。暫定ライダーラインアップを更新

2019/12/12(木) 19:28配信

オートスポーツweb

 11月19日にFIM(国際モーターサイクリズム連盟)は、2020年シーズンのロードレース世界選手権のエントリーリストを公開した。ところが、12月9日にヨハン・ザルコが来季からレアーレ・アビンティア・レーシングで参戦することが決まり、MotoGPクラスのライダーラインアップに変更が加わったので改めて紹介する。

 ロードレース世界選手権の2020年暫定エントリーリストは、チームが事前にエントリーを確定させ、最終戦バレンシアGPの決勝日の翌日にあたる11月18日にFIMが公開することになっていた。しかし、公開されたのは19日と1日遅れで、そこからさらにエントリーが入れ替わった。

 ほとんどのライダーが2019年からメーカーやチームと2年契約を締結していたため、シーズン初めには2020年のMotoGPラインアップに大きな変更はないと見られていた。しかし2020年末まで契約を結んでいたヨハン・ザルコ、ホルヘ・ロレンソ、カレル・アブラハムがチームを離れることになり2020年の顔ぶれが変わることになった。

 まずは、2019年からレッドブルKTMファクトリー・レーシングに移籍したザルコ。ヤマハYZR-M1を駆った2017~2018年は表彰台を獲得する活躍を見せたが、KTMでは成績不振に陥った。これを受けてKTMとザルコの双方が契約の途中解除に合意したため、ザルコはシーズンを半ばにしてチームを離れた。

 ザルコとKTMとの契約は2019年いっぱいまで有効となっていたが、右肩の治療に専念する中上貴晶の代役として、ザルコはLCRホンダ・イデミツからシーズン終盤の3戦に出場した。

 最終戦ではロレンソが2019年シーズンを最後にMotoGPを引退すると発表し、急きょレプソル・ホンダ・チームに空席ができた。MotoGPで6度目の戴冠を達成したマルク・マルケスのチームメイト候補にはザルコの名前も挙がったが、最終的にはMoto2チャンピオンのアレックス・マルケスが最高峰クラスへ昇格。レプソル・ホンダ・チームは、マルケス兄弟コンビで2020年シーズンを戦うことになる。

 レプソル・ホンダ・チームのライダーが確定したことにより、全チームのラインアップも確定したかに思われた。ところが、11月末にアブラハムがレアーレ・アビンティア・レーシングからの離脱を発表。12月9日には、そのシートにドゥカティとの1年契約を締結したザルコが収まると発表された。

 ザルコの後任としてKTMに加入するのは、ルーキーのブラッド・ビンダーだ。KTMのサテライトチームであるレッドブルKTMテック3からハフィス・シャーリンが離脱するため、当初ビンダーはここに収まる予定だった。しかしザルコの一件によりKTMのシートがひとつ空いたため、ビンダーがファクトリーチームに大抜擢されたのだ。

 ビンダーに代わってレッドブルKTMテック3のシートを掴んだのは、同じくルーキーのイケル・レクオーナ。彼はレッドブルKTMアジョからMoto2クラスに参戦することが決まっていたが、一連の流れを受けてMotoGPへの昇格が決まった。

 現時点での2020年シーズンのルーキーライダーは、アレックス・マルケス、ビンダー、レクオーナ。この3名が最高峰クラスのルーキー・オブ・ザ・イヤーをかけて争うことになる。

 ティト・ラバットを除く21名のライダーが2020年末までの契約となっているため、契約の切れる2021年にはライダーラインアップが大きく変更する可能性もあるだろう。

■2020年MotoGPクラス暫定エントリーリスト(12月9日時点)
No./Rider/Team/Motorcycle
93/マルク・マルケス/REPSOL HONDA TEAM/ホンダ
73/アレックス・マルケス/REPSOL HONDA TEAM/ホンダ
4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/DUCATI TEAM/ドゥカティ
9/ダニロ・ペトルッチ/DUCATI TEAM/ドゥカティ
12/マーベリック・ビニャーレス/MONSTER ENERGY YAMAHA MotoGP/ヤマハ
46/バレンティーノ・ロッシ/MONSTER ENERGY YAMAHA MotoGP/ヤマハ
42/アレックス・リンス/TEAM SUZUKI ECSTAR/スズキ
36/ジョアン・ミル/TEAM SUZUKI ECSTAR/スズキ
44/ポル・エスパルガロ/RED BULL KTM FACTORY RACING/KTM
33/ブラッド・ビンダー/RED BULL KTM FACTORY RACING/KTM
41/アレイシ・エスパルガロ/APRILIA RACING TEAM GRESINI/アプリリア*
29/アンドレア・イアンノーネ/APRILIA RACING TEAM GRESINI/アプリリア*
21/フランコ・モルビデリ/PETRONAS YAMAHA SRT/ヤマハ*
20/ファビオ・クアルタラロ/PETRONAS YAMAHA SRT/ヤマハ*
63/フランセスコ・バニャイア/PRAMAC RACING/ドゥカティ*
43/ジャック・ミラー/PRAMAC RACING/ドゥカティ*
35/カル・クラッチロー/LCR HONDA CASTROL/ホンダ*
30/中上貴晶/LCR HONDA IDEMITSU/ホンダ*
88/ミゲール・オリベイラ/RED BULL KTM TECH 3/KTM*
27/イケル・レクオーナ/RED BULL KTM TECH 3/KTM*
5/ヨハン・ザルコ/REALE AVINTIA RACING/ドゥカティ*
53/ティト・ラバット/REALE AVINTIA RACING/ドゥカティ*

*はインディペンデントチームライダー

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/12(木) 19:28
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事