ここから本文です

【MLB】大谷翔平、来季年俸1億円超えの期待も…代理人は言及せず「コメントはしないよ」

2019/12/12(木) 7:23配信

Full-Count

エンゼルス・トラウト、カブス・ブライアントは3年目に100万ドル超の契約

 エンゼルス・大谷翔平投手の代理人を務めるCAAスポーツのネズ・バレロ氏が11日(日本時間12日)、米カリフォルニア州サンディエゴで行われているウインターミーティングで報道陣の取材に対応。大谷の来季契約について「契約についてコメントはしないよ。ショウヘイについて言えることは、彼の将来を楽しみにしているということ。また二刀流としてプレーすることを楽しみにしている」と言及を避けた。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 大谷の今季年俸は65万ドル(約7000万円)。1年目の昨季はメジャー最低保障額54万5000ドル(約6000万円)で、10万5000ドル(約1100万円)の“微増”にとどまった。メジャーでは年俸調整の資格を得る3年目オフまで大幅な年俸増はないが、同僚の主砲マイク・トラウト外野手は3年目の14年に51万ドル(約5500万円)からほぼ倍増となる100万ドル(約1億900万円)で契約。カブスの主砲クリス・ブライアント内野手も3年目の17年に前年65万2000ドル(約7200万円)からアップの105万ドル(約1億1400万円)の契約を得た。

 昨年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で打者一本だった今季は3番打者として活躍。106試合出場、打率.286、18本塁打、62打点、12盗塁だった。バレロ氏が「(エンゼルスは)常にショウヘイの起用には慎重でいる。1年目は投打で出場した。今季はリハビリでシーズンを通して打者として出場した。来季は両方で出場することを望んでいる」という大谷が来季、他の一流選手同等の100万ドル超え契約をつかめるか注目される。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/12(木) 16:11
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事