ここから本文です

【野球と記録】野球はなぜ「記録のスポーツ」に? プロ野球草創期から記録員が活躍した日本

2019/12/12(木) 9:03配信

Full-Count

明治、大正時代に「慶應方式」「早稲田方式」のスコア記入法が誕生

 日本に「ベースボール」が伝えられたのは1872年であるとされる。ホーレス・ウィルソンという「お雇い外国人」が、開成学校(のちの東京大学)の生徒に野球の手ほどきをしたのが始まりと言われる。

【写真】阪神によく似た“タテジマ”のパドレス新ユニホームを男前右腕パダックが着用、パドレスが公式インスタで投稿した実際の写真

 野球に関する書籍も持ち込まれ、翻訳されたが、この時期、すでにヘンリー・チャドウィックはボックススコアなどを発明していた。野球規則や記録法もやや遅れて日本にもたらされている。

 明治中期まで日本野球は開成学校から名称を改めた第一高等学校が最強を誇ったが、第一高等学校は19世紀末には、独自の記録法を編み出している。

 その後、早稲田大学と慶應義塾大学の対抗戦である「早慶戦」が人気となったが、慶應の直木松太郎は「野球規則」の日本語訳を手掛けるとともに、独自の「記録法」も編み出した。

 直木のスコア記入法は、同じ慶應出身の山内以九士によって改良された。これが「慶應方式」スコア記入方法として普及。東京六大学や、NPBの公式記録は、現在も「慶應方式」で記録されている。「打率」「防御率」などの言葉も山内が考案したものだ。

 早稲田大学監督の飛田穂洲は、「一球入魂」を唱え、日本のアマチュア野球の精神的な支柱となり「学生野球の父」と言われたが、大正末期に独自のスコア記入法を開発。これは「早稲田方式」と言われ、高校野球などを中心に普及した。日本では戦前から「スコアブック」が刊行されたが、これは主として「早稲田方式」での記入を想定している。

昭和中期まで、記録面では日本野球がアメリカをリードしていた

 アメリカでは「野球の記録」は1世紀以上、新聞記者が担ってきた。MLBの公式戦のスコアも新聞記者が記入してきた。

 しかし日本では、野球が始まった当初から記録員がいた。また対戦する両チームにはスコアラーがいることが多かった。1936年に職業野球(のちのプロ野球)が始まると、山内以九士が最初の公式記録員となる。以後、NPBの記録は連盟、リーグが雇用する公式記録員によって記録されるようになった。

 MLBでも1980年以降は、公式記録員を雇用し、記録を連盟が管理、集計するようになったが、記録の管理、集計の方法は日米で大きく異なっていたのだ。

 山内以九士は、戦後も長く公式記録員としてプロ野球に関わった。1950年にセ・パ両リーグに分立するとパ・リーグの記録部長に就任。この間に草創期のスコアを見直して集計をし直し、通算安打数、通算勝利数などの公式記録も確定させた。

 昭和中期まで公式記録員やスコアラーにとって悩みの種は、集計した記録をもとに「打率」を算出する作業だった。電卓がない時代、そろばんなどを使って計算をしたが、非常に時間がかかった。

 そこで山内以九士は「ベースボール・レディ・レコナー」を考案した。これは縦軸に打数、横軸に安打数が記入された「打率早見表」だった。今から見れば単純なものだが、これによって公式記録員、スコアラーの作業効率は飛躍的に上がった。「ベースボール・レディ・レコナー」は、本場アメリカでも評判となり、日米野球で来日した審判や新聞記者はお土産としてこれを持ち帰った。

 昭和中期まで、日本野球は記録面で、アメリカをリードしていた部分もあったのだ。山内以九士は「記録の父」として1985年に野球殿堂入りしている。(敬称略)

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:2019/12/12(木) 9:03
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ