ここから本文です

西武森&山川、楽天松井やG小林も… 大豊作だった2013年ドラフト指名選手は今?

2019/12/12(木) 9:48配信

Full-Count

鷹守護神の森、オリ若月、ロッテ石川&二木らが指名された

 今季のパ・リーグは森友哉捕手(西武)がMVPを受賞。大阪桐蔭高から2013年ドラフト1位で入団した逸材は6年目にして揺るがぬ地位を築いた。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 新陳代謝の激しいプロ野球界では、入団5~6年である程度“勝ち負け”が鮮明になる。森と同じ年に指名され、第一線で活躍する選手をピックアップした。

 【西武】
1位 森友哉(大阪桐蔭高)
2位 山川穂高(富士大)
6位 岡田雅利(大阪ガス)

 森は首位打者&MVP、2位の山川は2年連続本塁打王。強力打線を牽引する2人を1、2位で指名するという大成功のドラフトになった。岡田も控え捕手として存在感を発揮している。

 【ソフトバンク】
1位 加冶屋蓮(JR九州)
2位 森唯斗(三菱自動車倉敷オーシャンズ)
4位 上林誠知(仙台育英)
育1位 石川柊太(創価大)

 森は今季35セーブをマーク。1年目から6年連続50試合以上登板を果たす鉄腕だ。上林は通算48本塁打。育成1位の石川は2016年に支配下登録された。

【楽天】
1位 松井裕樹(桐光学園)
3位 濱矢廣大(ホンダ鈴鹿)
4位 古川侑利(有田工)

 松井は今季38セーブで初のタイトル獲得。通算139セーブをマークしている。濱矢はDeNAに移籍、古川は巨人に移籍した。

【ロッテ】
1位 石川歩(東京ガス)
2位 吉田裕太(立正大)
3位 三木亮(上武大)
5位 井上晴哉(日本生命)
6位 二木康太(鹿児島情報高)

 現在のチームの中核をなす選手が多数指名された。石川と二木は先発ローテの一角、井上は中軸打者として活躍する。

【日本ハム】
1位 渡辺諒(東海大甲府)
2位 浦野博司(セガサミー)
3位 岡大海(明大)
4位 高梨裕稔(山梨学院大)
8位 石川亮(帝京高)
 
 渡辺は今季132試合に出場し、初めて規定打席に到達した。岡はロッテ、高梨はヤクルトに移籍。石川は今季自己最多の46試合に出場した。

【オリックス】
1位 吉田一将(JR東日本)
2位 東明大貴(富士重工)
3位 若月健矢(花咲徳栄)

 若月は年々出場試合数を増やし、今季は自己最多の138試合に出場した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 10:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事