ここから本文です

【MLB】敏腕代理人ボラス氏、3日間で884億円! 激動オフに驚異の仕事ぶり

2019/12/12(木) 13:27配信

Full-Count

ボラス代理人は266億円ストラスバーグ、352億円コール、266億円レンドンを顧客に持つ

 エンゼルスは11日(日本時間12日)、ナショナルズからFAとなっていたアンソニー・レンドン内野手を7年総額2億4500万ドル(約265億9600万円)で獲得した。MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで伝えた。

【表】やっぱりメジャーは“ケタ”違い! 2019年MLB選手の年俸10傑

 今季ナ・リーグ打点王に輝いた強打者レンドンの代理人を務めたのも敏腕スコット・ボラス氏。このウインターミーティングではボラス氏の“顧客”が超大型契約を結んでいる。初日9日にスティーブン・ストラスバーグ投手が7年総額2億4500万ドル(約265億9600万円)でナショナルズと再契約。2日目10日にはゲリット・コール投手(アストロズFA)とヤンキースの9年総額3億2400万ドル(約352億3300万円)のMLB投手史上最高額の超大型契約をまとめた。この日のレンドンと合わせ、3選手合計8億1400万ドル(約883億7300万円)にもなる。ボラス代理人の働きぶりを、米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者ケン・ローゼンタール記者ら米複数メディアはツイッターで紹介した。

 ウインターミーティング前にはブルワーズからFAとなっていたマイク・ムスタカス内野手のレッズとの4年総額6400万ドル(約69億5000万円)の契約にも携わり、今後も柳賢振投手(ドジャースFA)、ニコラス・カステヤノス(カブスFA)、ダラス・カイケル(ブレーブスFA)の大物FA選手の契約が残っている。オフの“主役”の仕事ぶりに、これからも目が離せない。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/12(木) 13:43
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事