ここから本文です

【MLB】ヤ軍入りコール、打者を圧倒する“奪三振動画”に米驚愕 「宇宙で最も独占的」

2019/12/12(木) 23:07配信

Full-Count

今季20勝を挙げたコールは9年総額3億2400万ドルでヤンキースと契約

 今オフのFA市場の目玉だったゲリット・コール投手は9年総額3億2400万ドル(約352億3300万円)でヤンキースに移籍した。160キロに迫る直球と鋭い変化球を武器に今季20勝を挙げたコールの“奪三振集”が話題になっている。

【動画】100マイルの直球にカットボール、ツーシーム… コールが打者を圧倒する“NO1奪三振動画”の実際の映像

 100マイル(約161キロ)の直球にツーシーム、カットボールなど鋭い変化球で打者を圧倒するコールの奪三振動画を公開したのは、SNS上でピッチング・ニンジャとして活動するロブ・フリードマン氏のツイッターだった。

「2019年のピッチング・ニンジャ『宇宙で最も独占的な投手アワード』に選ばたのはゲリット・コール」

 SNS上では「ピッチング・ニンジャ」として投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされていることでも有名。シーズンオフに様々なタイトルを付け各選手を表彰しているが、コールはまさに“最も独占的”といえるものだった。

 今季アストロズでは33試合に登板し20勝5敗、326奪三振、防御率2.50と圧倒的な成績を残し奪三振王、最優秀防御率を獲得。奪三振率13.82は2001年のランディー・ジョンソンを超え歴代1位を記録した。コールの奪三振動画には改めてファンも驚きを覚えたようだ。

「ニューヨーク・ヤンキースのって付けるの忘れてるよ」

「彼はニューヨークで(ジェイコブ・デグロムに次いで)2番目の投手だけどね」

「ビースト」

「神さま」

 来季は2009年以来、11年ぶりのワールドシリーズ制覇を狙うヤンキース。最強右腕コールは先発ローテの中心としてチームを牽引する姿をファンも待ち望んでいる。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/12(木) 23:07
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事