ここから本文です

中国、「より効果的な」財政政策を示唆-金融政策は「穏健」堅持

2019/12/12(木) 23:58配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国政府は12日、2020年の財政政策はより「強力で効果的」であるべきだとの見解を示した。一方で「穏健」な金融政策を続けると表明し、景気刺激措置が微調整にとどまることを示唆した。穏健な金融政策は柔軟、かつ適切であるべきだとも指摘した。

共産党の中央経済工作会議は、来年の経済成長を「合理的なレンジ」内に維持すると表明した。国営新華社通信が声明の要約を報じた。政府と中央銀行は理にかなった潤沢な流動性を確保するとし、輸入関税の全体的な引き下げを続けることも求めた。

声明によると、会議では「中国経済の安定と長期的な改善という基本的なトレンドに変化はない」との認識が示された。財政政策と金融政策は消費と投資、雇用、産業に関する政策と協調するのが望ましいとし、地方政府は先進的製造業や国民生活の改善、インフラなどの分野に投資を振り向けるべきだと呼び掛けた。

中国経済がより緩やかな成長ペースへと移行する中で当局は、人為的に景気を押し上げるより安定を重視している。金融緩和を拡大することに慎重な当局は、財政政策に2019年よりも大きな効果を望んでいることを示唆した。

3日間の中央経済工作会議閉幕後に発表された声明は、経済成長率の目標水準には言及していない。目標は来年3月に開かれる全国人民代表大会(全人代)で発表される公算が大きいが、エコノミストらは「6%前後」に設定されるとみている。

声明は来年の目標を達成するための鍵として、「安定化」を強調。米国との貿易摩擦への具体的な言及はないものの、「世界的に波乱とリスクは著しく強まっている。備えるための十分な計画が必要だ」とした。

原題:China Signals ‘More Forceful’ Fiscal Policy to Stabilize Economy (抜粋)

China: Prudent Monetary Policy Should Be Flexible, Appropriate

China Signals More Effective Fiscal Policy to Stabilize Economy

(c)2019 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

最終更新:2019/12/12(木) 23:58
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ