ここから本文です

台湾と日本の捜査機関、協力で成果 熊本で覚醒剤600キロ押収

2019/12/13(金) 11:41配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)台湾と日本の捜査機関が協力し合い、熊本県天草で覚醒剤約600キロを押収した。海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)が12日に発表した。

同署によると、台湾からの情報提供を受けた日本の海上保安庁と警察が11日午後5時ごろ、天草市魚貫港に入港した日本籍の不審な漁船を捜索。船内で見つかった覚醒剤を押収したほか、台湾人2人と日本人1人を現行犯逮捕した。その後の捜査を経て12日までに逮捕された容疑者は計11人で、このうち4人が台湾人。引き続き関連の捜査が続けられる見通し。

台湾と日本は昨年末、密輸・密航対策での協力に向けた覚書を締結した。今回のケースでは同署が屏東地方検察署(地検)に捜査を依頼するとともに情報を提供、日本の海上保安庁などと合同捜査チームを立ち上げて長期的な捜査を続けていたという。覚書を交わして以来最大の協力案件となった。

同署は、今後も他国の捜査機関と密接に連絡、協力し、共に密輸の取り締まりに取り組むとしている。

(劉建邦/編集:塚越西穂)

最終更新:2019/12/13(金) 11:41
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事