ここから本文です

大きく生まれ変わる長崎駅…在来線高架化、新幹線開業を視野に新駅ビル、高架下開発

2019/12/13(金) 6:45配信

レスポンス

JR九州は12月12日、長崎本線長崎駅周辺のまちづくり開発に関する概要を明らかにした。

[関連写真]

同駅では、2020年春予定の長崎本線高架化、2022年度開業予定の九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)を視野に入れた周辺整備事業が進んでいるが、これに合わせて、まちづくりの拠点となるべき新しい駅ビルの建設や高架下の開発に着手することになり、12月12日に長崎市と連携協定を締結した。

新しい駅ビルは高さ60m、敷地面積約1万8000平方m、延床面積約11万4000平方mの13階建て複合ビルで、商業施設やホテル、オフィス、駐車場などが入る。現駅ビルに入っている「アミュプラザ長崎」や「JR九州ホテル長崎」は基本的に存置されるという。

合わせて、在来線と新幹線の高架下には、延床面積約4000平方mの商業施設が新駅ビルと一体的に整備される。

新駅ビルについては、長崎本線高架化後の地上設備撤去を待って、2021年春を目途に着工される予定で、2023年春には一部の施設が開業。2025年度にはホテルを含めグランドオープンする予定。また、高架下施設は、新幹線が開業する2022年度のオープンを予定している。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:2019/12/13(金) 6:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事