ここから本文です

ピエトロ・フィッティパルディ、スーパーフォーミュラに復帰。B-Maxモトパークから参戦

2019/12/13(金) 11:05配信

motorsport.com 日本版

 ピエトロ・フィッティパルディは、B-Max Racing with Motoparkから、2020年シーズンのスーパーフォーミュラに参戦することを発表した。

 ハースF1チームのリザーブドライバーを務めているフィッティパルディは、2018年にUOMO SUNOCO TEAM LEMANSからスーパーフォーミュラにフル参戦する予定だった。しかしFIA世界耐久選手権(WEC)のスパ・フランコルシャン戦で大クラッシュに見舞われ、両脚を骨折してしまった。結局、スーパーフォーミュラには開幕戦のみの参戦となり、チームを離れた。

 怪我の完治後はインディカーに出場。デイル・コイン・レーシングから6レースを戦った。2019年は、アウディのカスタマーチームであるWRTからDTMに参戦しており、シングルシーターでのキャリアは2018年のインディカー最終戦ソノマが最後となっていた。

 フィッティパルディは、自身のツイッターで次のように発表した。

「2020年にスーパーフォーミュラでB-Max Racing with Motoparkとレースすることを発表できて、非常に嬉しく思います! この素晴らしい機会を与えてくれた私のスポンサーとスタッフに感謝します!」

Jamie Klein

最終更新:2019/12/13(金) 11:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事