ここから本文です

浜松倉庫 物流のAI研究に着手 豊田自動織機子会社と 屋内搬送ロボ試験導入へ

2019/12/13(金) 6:05配信

中部経済新聞

 倉庫、運送事業を手掛ける浜松倉庫(本社浜松市中区中央3の8の35、中山彰人社長、電話053・453・0151)は、豊田自動織機の子会社と共同で、物流に活用するAI(人工知能)の研究開発プロジェクトをスタートした。2020年にAIを搭載した屋内搬送ロボットなどの試験導入を目指す。物流業界で人手不足が深刻になる中、一段の業務効率化につなげる。

最終更新:2019/12/13(金) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事