ここから本文です

ミニオンズ最新作、日本公開は2020年7月17日!70年代で大騒動

2019/12/13(金) 8:00配信

シネマトゥデイ

 映画『ペット』『SING/シング』を制作したイルミネーション・エンターテインメントが誇る人気キャラクターが活躍する新作映画『ミニオンズ 最新作』(仮題)が、2020年7月17日に日本公開されることが決定した。

【動画】前作『ミニオンズ』予告編

 イルミネーションが2010年に発表した『怪盗グルーの月泥棒』で初登場したミニオンたちは、主人公グルーに仕える、バナナが大好きな黄色い不思議な生き物たち。その後も『怪盗グルー』シリーズは、日本を含む世界中で大ヒット。彼らがグルーと出会うまでの話にフォーカスした『ミニオンズ』(2015)では、ついに主役の座についてしまい、絶大な人気を誇るキャラクターとして世界中で愛されている。

 前作では、人類誕生の遥か以前から存在し、その時代の最強最悪のボスに仕えていたことが明らかとなったミニオンたち。そんな彼らの新たな物語が描かれる最新作の舞台は1970年代。兄貴分のケビンと、常にバナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、天真爛漫で弱虫なボブの3人を筆頭としたミニオンたちが、今回も大騒動を巻き起こす。監督は『ミニオンズ』も手掛けたカイル・バルダが務める。

 公開に先駆け12月20日から、世界で唯一日本のためだけに制作された特別映像を劇場上映。「1970年代を彷彿とさせる要素がいっぱい詰まった映像」ということだが、本作の原題は、ある大ヒットシリーズを思わせる『ミニオンズ:ザ・ライズ・オブ・グルー(原題) / Minions: The Rise of Gru』となっており、一体どんな映像に仕上がっているのか期待がふくらむ。(編集部・入倉功一)

最終更新:2019/12/13(金) 8:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事