ここから本文です

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」に蓮佛美沙子が出演、佐藤健の元恋人役

2019/12/13(金) 5:00配信

映画ナタリー

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」に、蓮佛美沙子が出演しているとわかった。

円城寺マキのマンガをもとにした本作は、猪突猛進な新米看護師・佐倉七瀬と、彼女が思いを寄せる医師・天堂浬の関係を描くラブコメディ。仕事と恋に突き進む七瀬を上白石萌音が、容姿端麗で頭脳明晰だがストイックすぎるあまり「魔王」と呼ばれる天堂を佐藤健が演じる。

【写真】「恋はつづくよどこまでも」人物相関図(メディアギャラリー他4件)

本作で蓮佛は、天堂の元恋人である若林みのりに扮する。みのりと天堂は医学部の同期で、毎熊克哉演じる来生を含め3人で切磋琢磨してきた仲。天真爛漫で太陽のような女性であるみのりは、天堂がストイックになったきっかけに深く関わっている。

蓮佛は、みのりを演じるにあたり「天堂先生の心に棲みつき、七瀬の前には大きな壁のように立ち塞がる、2人を翻弄していく存在なので、ある種の強敵として物語を掻き乱していけるよう努めたいです」とコメントした。

「中学聖日記」の金子ありさが脚本を手がけ、「ノーサイド・ゲーム」の田中健太が演出として参加する「恋はつづくよどこまでも」はTBS系で1月に放送スタート。

■ 火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」
TBS系 2020年1月スタート 毎週火曜 22:00~22:57

■ 蓮佛美沙子 コメント
天堂先生の元恋人、若林みのりを演じさせていただきます。
天堂先生の心に棲みつき、七瀬の前には大きな壁のように立ち塞がる、2人を翻弄していく存在なので、ある種の強敵として物語を掻き乱していけるよう努めたいです。
悲しい運命を背負ってしまった女性ではありますが、七瀬が太刀打ちできないと思うような、太陽のような存在として物語のスパイスになれたらなと思います。

■ 宮崎真佐子(プロデューサー)コメント
天堂先生の元恋人「みのり」は、このドラマのキーパーソンで、天真爛漫で清々しく、そして芯が強い女性です。天堂がなぜ“魔王”のように厳しくなってしまったのか、その過去に何があったのか。そしてそのことが、主人公・七瀬と天堂にどんな影響を与えるのか。物語の根幹に関わる役を蓮佛さんに演じていただけることになり、ラブストーリーに深みを持たせてくれることと思います。
七瀬と天堂の、元気が出るまっすぐなラブストーリー、毎週火曜よる10時を、ぜひお楽しみに!

※宮崎真佐子の崎はたつさきが正式表記

(c)TBS

最終更新:2019/12/13(金) 5:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ