ここから本文です

笑顔溢れるダブルみゆう「夢みたい」 世界王者に大逆転勝ち<卓球・グランドファイナル>

2019/12/13(金) 17:59配信

Rallys

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

【写真】勝利して喜ぶ長﨑/木原ペア

13日、ITTFグランドファイナルの女子ダブルス準決勝に日本の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアが登場。今年の世界選手権優勝ペアの孫穎莎(スンイーシャ)/王曼昱(ワンマンユ・中国)と対戦し、0-2から3ゲームを連取し、3-2で大逆転勝利を収めた。

世界No.1ペアに勝利した長﨑/木原ペアは決勝で第2シードの田志希(チョンジヒ)/梁夏銀(ヤンハウン・韓国)と14日戦う

世界王者ペアに好ラリー連発で大逆転勝利

お互い名前が「みゆう」の長﨑/木原ペア。開始直後から中国ペアの質の高いサーブレシーブと威力あるドライブの返球に苦しみ0-6とリードを許す。

その後も緊張からか日本ペアのミスが目立ち、3-11で第1ゲームを落とす。2ゲーム目、逆チキータから木原のブロックで先制するも自分たちから攻める展開が作れず防戦一方となってしまい、5-11と落としてしまう。

2ゲームを連取された場面、「相手のプレーがすごくて、自分たちのいいプレーができなかった」と木原が振り返れば、「ほんとに勝つ手段がなかった。2人で大丈夫大丈夫と笑っていたが、自分は正直全然笑っていなくてほんとは泣きたかった」と長﨑も追い込まれていたことを明かす。

後がなくなってしまった日本ペアはサーブレシーブから思い切りの良さを見せ始め、4-0とリード。「回転量やトスの高さや、3球目の待ちを変えた」と試合後に長﨑が明かしたように、その後も中国ペアより先に長﨑がフォアを振り先手を取ることで、木原の押し込むようなバックも点数に結びつき11-3で取り返す。

ここから流れに乗りたい日本ペアだが、中国ペアの攻撃力が高く2-5とリードを許したところでタイムアウトを要求し、そこから木原のバックで点数を詰め6-6と追い付く。7-8の場面で中国側もタイムアウトを要求し、一進一退の攻防は続きデュースに突入。最後は孫のミスを誘い、両者がタイムアウトを取り勝負をかけた4ゲーム目を14-12で取り、勝負は最終ゲームに突入する。

5ゲーム目は序盤から一進一退の攻防が続き、5-6では1ゲーム目では返球に苦しんでいた中国ペアのドライブを前陣でブロックし、最後は木原ががら空きのストレートを抜くスーパープレイで会場を沸かせる。その場面に関して木原は「優勝したみたいになってしまった笑」と照れながらコメント。長﨑も「あれ?優勝したっけ?って言ってました笑」と試合中の1場面を笑顔で振り返った。

8-10とマッチポイント取られた状態から粘りを見せ、10-10に追いつきデュースに突入。最後は木原のフォアフリックとラリー戦からドライブをカウンターで決め14-12で取り、ゲームカウント3-2で大逆転勝利を収めた。

3ゲーム目以降、ミスした時も笑顔で勝負をあきらめなかった長﨑/木原ペア。勝利の瞬間はお互い抱き合いながら、笑顔がはじけた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 18:16
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事