ここから本文です

森 七菜、俳優の永瀬正敏が撮影したデビュー・シングル「カエルノウタ」アートワーク公開

2019/12/13(金) 15:58配信

CDジャーナル

 森 七菜が、自身も出演する、2020年1月17日(金)公開の岩井俊二監督最新作映画「ラストレター」の主題歌「カエルノウタ」を、2020年1月15日(水)にデビュー・シングル(CD SRCL-11339 1,500円 + 税)としてリリース。発売に先駆け、アートワークが公開されています。

 公開されたジャケット・ヴィジュアルおよび発表済のアーティスト・ヴィジュアルは、俳優の永瀬正敏が撮影を担当。2人は映画で共演したことをきっかけに交流がスタート。その後の再会を機に永瀬に正式に依頼し、今回の撮影に至ったとのことです。

 撮影場所や衣装などのコンセプトは、映画「ラストレター」に感銘を受けた永瀬が作品からインスピレーションを受けて自ら発案。映画の、手紙のやり取りを通して過去と現在がクロスし、それぞれの止まっていた想いが未来に向けて動き出すストーリーラインから、入口と出口を“過去と未来”に見立てた「トンネル」、そして「緑」がテーマとなっています。

 永瀬は「森七菜さんはもう既に“表現者の女神”に愛されているんだと思う。少しの期間だったけれど、僕はもう何度も彼女に驚かされた。無数の可能性が、彼女の佇まいに、瞳に、声に、表情に、そして感情に乗って、素晴らしい未来に繋がっていると僕は確信している。自分らしく、自分のペースでその豊かな未来に進んで行って欲しい」とコメント。

 森は「人生はじめてのCDを永瀬正敏さんが彩ってくださり、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。世界に永瀬さんと私との距離しかないような、それだけが切り取られた奇跡みたいな写真たち。私の宝物です。。!永瀬さんに、永瀬さんとの出逢いに、本当に感謝しています」とコメントしています。

最終更新:2019/12/13(金) 15:58
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事