ここから本文です

武豊 念願の初勝利へ タイセイビジョンで20度目の挑戦

2019/12/13(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 数々の栄光を欲しいままにしてきた武豊騎手(50)=栗東・フリー=が、まだ手にしていないタイトルがある。朝日杯FSは過去に19度挑戦し、4度の2着が最高。今年、コンビを組むのは、京王杯2歳S覇者のタイセイビジョンだ。「いい馬が回って来ましたね。チャンスはあると思う。まあ、朝日杯は勝ったことがないんだけど」。ニヤリと笑いながら、そう自虐的に語ったが、目の輝きは勝負師そのものだ。

 1週前追い切りにまたがり、「初めて乗ったけど、動きは良かった。走りそう」と好感触。同時に課題も確認済みだ。「前走もかなり掛かっていた。クリストフ(ルメール)に聞くと、返し馬から止まらなかったらしい。距離が延びて千六の外回りになる。折り合いが鍵」とポイントを挙げた。

 今年はJBCレディスクラシックをヤマニンアンプリメで制し、交流ダートG1完全制覇。一方、JRA・G1完全制覇に向け、残すのは2歳G1の2つだ。「今のところホープフルSに乗る予定はないから。ここでリーチをかけたいね」と意気込む。今年、50歳にして4年ぶりにJRA年間100勝を突破した名手。その衰え知らずの腕を存分に見せつけ、念願の勝利をつかむ。(デイリースポーツ・大西修平)

最終更新:2019/12/13(金) 7:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ