ここから本文です

<飯豊まりえ>ホラー映画撮影でお清めに必死? 塩2キロ持参 江野沢愛美も「毎日取り換えないとダメ」

2019/12/13(金) 16:48配信

MANTANWEB

 女優の飯豊まりえさんが12月12日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で行われた主演のホラー映画「シライサン」(安達寛高監督、2020年1月10日公開)の特別試写会に登場した。同作に出演する稲葉友さん、江野沢愛美さんらと共に、撮影の裏話などを語った。

【写真特集】ビビりすぎ? 江野沢愛美、飯豊まりえに抱き着く姿も

 ホラー映画初出演となる飯豊さんは、今作の主演について「うれしかったです」と話しつつも、「個人的には本当におばけが苦手なので、来てしまった!っていうびっくりした気持ちもあり……。皆さんに見ていただけるのが楽しみです」と本音を吐露。

 撮影前のお祓(はら)いでは「問題が起きたんですよ」と飯豊さん。「お祓いしてくださる神主さんが、私のお祓いをするときに、まさかの名前を呼び間違えたんです。噛(か)んだんです。もう、これで私、呪われちゃったって思って」と怖がりながら話すと、その姿に観客からは「可愛い!」という声が上がっていた。

 さらに、飯豊さんは撮影の際に宿泊したホテルでの時間が怖かったといい、「ホテルの時間が一番怖い……(お清めの)塩2キロ持ってきていた」と明かすと、江野沢さんも「塩は毎日取り換えないとダメなレベルだと思ってたんです。塩を持ち歩いていましたもん。(ホテルの部屋に)入る前にまいて、清めてから入る」と2人共ホテルの“お清め”に必死だったことを告白。稲葉さんから「清掃の人の気持ち考えてよ(笑い)」と突っ込まれる場面もあった。試写会では、飯豊さんらによるお清めの“塩あめまき”も行われた。

 映画は、「視線をそらすと、殺される……」という「シライサン」の呪いを描くホラー作品。両目の眼球が破裂した死体が連続して発見される事件が起こる。死因は心不全だが、死の直前、何かにおびえ、とりつかれたようになっていたという奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊さん)と弟を失った春男(稲葉さん)はその死因を不審に思い、共に事件を調べ始める……というストーリー。

最終更新:2019/12/13(金) 16:55
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事