ここから本文です

JR北海道から「スーパー」特急が消滅、函館本線には電気式気動車H100形を投入…2020年3月「春のダイヤ改正」

2019/12/13(金) 17:00配信

レスポンス

JR北海道は12月13日、2020年3月14日にダイヤ改正を実施すると発表した。

都市間を結ぶ特急列車では、「これまでの 旧型車両との差別化を図るという意義が薄れてきたこと」を理由に、列車名に冠している「スーパー」をすべて外し、函館~札幌間の『スーパー北斗』は『北斗』、札幌~釧路間の『スーパーおおぞら』は『おおぞら』、札幌~帯広間の『スーパーとかち』は『とかち』にそれぞれ改称される。

[関連写真]

これにより、定期特急としては『おおぞら』の名が2001年7月以来、『北斗』の名が2018年3月以来、『とかち』の名が2009年10月以来の復活となる。

このうち12本が運行されている『おおぞら』は、キハ261系1000番台気動車が20両増備されることにより、キハ283系気動車で運行されている6本を置き換える。同車は営業列車として初めて帯広以東に入線することになった。

『北斗』は、白老町に民俗共生象徴空間「ウポポイ」が2020年4月24日にオープンすることを受けて、24本中19本が白老駅に停車する。

北海道新幹線では東京発10時台と14時台の『はやぶさ』の時刻が見直され、新函館北斗駅(北斗市)における特急『北斗』への乗換え時間が短縮される。

JR北海道の在来線で最も収益が高い札幌圏では、その柱となる小樽・札幌~新千歳空港間の快速『エアポート』が32本増発され、おおむね12分間隔による毎時5本運行が実現するほか、札幌~小樽間では『エアポート』の運行時間帯を札幌発9時台、小樽発19時台まで拡大する。

増発分のうち4本は途中、新札幌と南千歳に停車する札幌~新千歳空港間の特別快速とし、同区間を33~35分で結ぶ(通常の『エアポート』は37~39分)。

また『エアポート』では新千歳空港からの早朝航空便に対応するため、手稲5時30分発(札幌5時50分発)の『エアポート50号』を新設。新千歳空港駅(千歳市)には現行より23分早い6時28分に到着する。

この早朝『エアポート』は、新札幌と南千歳で函館行き特急『北斗2号』と接続するため、手稲~桑園間や苗穂~白石~千歳間、江別~厚別間の各駅から函館行き始発列車の『北斗2号』を利用できるようになる。『エアポート50号』の折返しは6時39分発の札幌行き『エアポート61号』となり、札幌には現行より28分早い7時19分に到着することができる。

このほか、札幌圏では、小樽~岩見沢間で運行している快速『いしかりライナー』をすべて各駅停車化し、快速通過駅の利便性向上や運行間隔の調整が図られる。

札幌圏以外の線区では、函館本線長万部~小樽間の普通列車に電気式気動車のH100形15両が投入され、キハ150形気動車またはキハ40形気動車が置き換えられる。

H100形は送り込みを兼ねた早朝の札幌発然別行き普通列車にも運用されるが、早朝・夜間に倶知安~札幌間で運行されている列車は引続きキハ201系気動車が運用される。

なお、今改正でも利用が少ない駅の廃止が発表されており、根室本線では古瀬駅(白糠町)、釧網本線では南弟子屈駅(弟子屈町)が廃止される。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:2019/12/13(金) 17:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事