ここから本文です

TOPPERSが64ビットRISC-Vに対応、リアルタイムOSカーネルを公開

2019/12/13(金) 8:10配信

MONOist

 TOPPERSプロジェクトは2019年11月20日、Sipeedが開発した64ビットRISC-Vプロセッサ搭載ボード「Maixduino」に、μITRON系のリアルタイムOSカーネル「TOPPERS/ASPカーネル(Release 1.9.3)」のポーティングを実施し、オープンソース化すると発表した。

 同プロジェクトでは、同年5月にSiFiveが開発した32ビットRISC-Vプロセッサ搭載ボード「HiFive1」に対応したTOPPERS/ASPカーネルを公開。組み込みソフトウェアプラットフォーム「TOPPERS BASE PLATFORM(RV)V0.1.0」を配布している。

 今回、ASPカーネルのRISC-V向けプロセッサ依存部を、RISC-V/32とRISC-V/64の両方に対応するよう再設計した。FPU(浮動小数点演算ユニット)処理のプロセッサ依存部に集約したことで、SoCに依存する部分の設定変更だけで、32ビットと64ビットの切り替えやFPUサポート対応の切り替えができる。また、コンパイラには、GNU MCU Eclipseで公開されているGCCコンパイラを採用した。

 Maixduinoは、Kendryte製SoC「K210」を搭載。K210は、64ビットRISC-Vプロセッサ「RV64IMAFDC」を2個搭載し、FPUにも対応する。

 現在、K210対応のTOPPERS BASE PLATFORM(RV)も開発中だ。デバイスドライバの構成は32ビット版と同じになる。既に、GPIO、DMAC、UART、RTC、SPIのデバイスドライバを「V0.1.1」としてTOPPERSプロジェクトの会員に向けて配布している。

MONOist

最終更新:2019/12/13(金) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事