ここから本文です

「トランプは北にだまされている」と警告した北朝鮮高官の脱北者

2019/12/13(金) 21:31配信

WoW!Korea

 北朝鮮の現政権で務め脱北した高官が最近、ドナルド・トランプ米国大統領に書簡を送り「北朝鮮のまやかしにだまされてはならない」と警告したと、去る11日(現地時間)アメリカのメディアが報じた。

そのメディアは複数の消息筋からの情報で「脱北した高官の書簡が、米国のマット・ポッティンジャー大統領副補佐官とアリソン・フッカー朝鮮半島担当補佐官に渡った」と伝えた。

米国政府の元当局者によると、この脱北した高官は1年余り前に北朝鮮から脱出し、現在は米国の政府機関で主要諮問役を担っているとして“国家安保関連部署ではよく知られている人物”だとされている。

この脱北した高官は、先月の18日付で作成した書簡で「 金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長は、‘自分は非核化をする’とトランプ大統領をだましてきた」、「 金正恩が権力を握っているかぎり、北朝鮮の非核化は不可能だ」と主張している。

金委員長にとって“核兵器”とは「自身の生存と(北朝鮮の)社会主義体制を守り、自身の支配下で韓国との統一を成すことができる最後の手段」だというのが、この脱北した高官の説明である。

また彼は、北朝鮮が観光と金融機関のハッキングなど、サイバー犯罪を新たな外貨稼ぎの手段として活用しているという点から「北朝鮮の非核化のための最も明確な戦略と早期の解決は、観光・サイバーなどの分野まで含めた全面的な制裁を加えると同時に、軍事的圧迫と合わせた、北朝鮮に対する心理戦を強化することだ」と強調した。

最終更新:2019/12/13(金) 21:31
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事