ここから本文です

OPPOが5Gスマホ「Reno3 Pro」をチラ見せ ウォッチやARグラスなど周辺機器も強化

2019/12/13(金) 17:19配信

ITmedia Mobile

 OPPOは、12月10日~11日に中国・深センにて「OPPO INNO DAY 2019」を開催した。中国語では「未来科技大会」という名称で、OPPOが事業を展開する世界各国からメディアや関係者を招き、テクノロジー分野での取り組みや今後のビジョンについて説明した。同イベントの中で、今後3年間に、500億人民元(約70億ドル)の研究開発費を投入することを発表。さらに、2020年度の第1四半期に発売するスマートデバイスも発表した。

近く発売予定の5Gスマートフォン

今後3年間で研究開発費として約70億ドルを投資

 オープニングの基調講演には、OPPOの創業者でCEOのトニー・チェン氏が登壇した。チェン氏が、このようにメディアが集まるイベントに登場するのは7年ぶりとのこと。タイムスケジュールでは10分間と案内されていたが、明るい表情で冗舌に語り、大幅に時間を延長した。

 今回のINNO DAYは、2018年に社内向けのテクノロジーイベントと開催したものを改称して、規模を大きくしたものだという。テーマは「Create Beyond Boundaries」(中国語は「共創万物互融新生態」)だったが、中国語で講演したチェン氏は「万物互融」という言葉を強調し、「融合」という言葉も多用していた。5GやAIが普及する中で、「インテリジェント・コネクティビティが手に届きつつある。OPPOは接続という概念が単なる基盤であり、いろいろなものを融合させていくことが未来につながると考えている」と語った。

 また、「OPPOは創業当時から単なる電話メーカーではなかった。OPPOによってスマートフォンはさまざまなテクノロジーサービスを提供するゲートウェイにすぎない」と語り、ハードウェア以外の、システムやソフトウェア、サービスにも力を入れていることをアピールした。

 OPPOの2019年の研究開発費は100億人民元(約14億ドル)だったそうだが、今後3年間で500億人民元(約70億ドル)を投入。ハードウェア、ソフトウェア、システムの中核技術や、5Gや6G、AI、AR、ビッグデータなどの先進技術を開発していくことを発表した。

1/3ページ

最終更新:2019/12/13(金) 17:19
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事