ここから本文です

第15回 好きな男性アナウンサーランキング、安定の羽鳥アナが3連覇

2019/12/13(金) 8:40配信

オリコン

 ORICON NEWSでは、先ごろ発表した“女性編”に続き、年末の恒例企画『好きなアナウンサーランキング』 “男性編”を発表。長年にわたり同ランキングの常連である【羽鳥慎一】アナが、今年も首位を獲得。今回で3年連続5度目のトップを飾り、また一歩殿堂入りへコマを進める結果となった。

【ランキング表】TOP3は変わらずも初登場は2名&あの俳優の弟もランクイン…好きな男性アナTOP10

■高いアナウンス技術で30代以上からの圧倒的人気、3年連続5度目の1位

 第6回(2010年)、7回(2011年)、13回(2017年)、14回(2018年)と1位を獲得してきた【羽鳥慎一】アナが通算5度目の首位を戴冠。日本テレビへ1994年4月に入社して、『ズームイン!!SUPER』などを任され、日テレの看板アナとして活躍。2011年にフリー転向後も、安定した人気を誇り、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、硬軟織り交ぜた名司会ぶりで人気を誇っている。同番組では、今年は4月からアシスタントが元乃木坂46である同局新人アナウンサー・斎藤ちはるに変更。入社後即、大抜擢された彼女を羽鳥がサポートする姿もさらに好感度を高めた。

 人気の理由はやはりベテランならではの安定感。ニュース番組で見せる高いアナウンス技術や対応力、コメント力などを総合して評価され、世代別では30~50代で、「言葉選びが的確で、冷静、面白いコメントもできる、安定していて、見ていて安心できる」(東京都/40代・男性)、「安定感があるのに何処か人情味があるところ」(愛媛県/50代・女性)と支持されている。

 同番組では、コメンテーターの同局社員・玉川徹氏、タレント・長嶋一茂らの発言も話題を呼ぶが、彼らを羽鳥がウィットに富んだ口調でさばいていく“猛獣使い”ぶりも人気に。「自分の意見を出さずに臨機応変、的確に進行するところ! 目立たず存在感がある進行が司会者として素晴らしいと思います」(東京都/40代・女性)との声もあった。

 古巣の日テレでも『ぐるぐるナインティナイン』『人生が変わる1分間の深イイ話』『THE MUSIC DAY』と人気番組に継続して出演。『鳥人間コンテスト2019』では感動して涙を流すことも多く、「涙脆いから」(東京都/10代・女性)と羽鳥アナの情に厚く、涙もろいところもキャラクターとして愛されている点。視聴者にとっても、共演者にとっても安心できるオアシスのような存在となっているようだ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/15(日) 14:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事