ここから本文です

オレンジボディのランボルギーニ・ウラカンが飛行機誘導車両に!

2019/12/13(金) 21:06配信

octane.jp

ランボルギーニと、ボローニャ・ボルゴ・パニゴーレ空港とのコラボレーションが再び登場。これは、飛行機誘導車両にランボルギーニを採用するというプロジェクトで、6月にはシルバーのウラカンが採用され話題となった。

オレンジボディのランボルギーニ・ウラカンが飛行機誘導車両に!(写真9点)

そして、今回新たに飛行機を誘導するための車として採用されたランボルギーニは、オレンジが鮮やかなウラカン RWDである。その目立つカラーリングで滑走路まで飛行機を誘導する。イタリア国旗がドアやルーフ、フロント・リアインテークにあしらわれている。最高出力580hp5.2リッター V10エンジンを搭載し、580hpを発揮するパワーを秘めなながらそのパワーを滑走路で最大まで発揮させることはない。

誘導棒らしく、ルーフにはオレンジのライトバーが装備され、コントロールタワーとつながるためのラジオも備わっている。そして、なによりこの誘導車にとってアイコンとなるのは、“Follow me”のステッカーだ。

ちなみに、ランボルギーニの「Follow Me Car」はこれが初めてではない。ランボルギーニ50周年の2013年5月には、同じくボローニャ空港でアヴェンタドールの誘導車両が登場している。

滑走路で活躍しているランボルギーニを見に行くためだけに、空港を訪れるというのも一興だろう。

Octane Japan 編集部

最終更新:2019/12/13(金) 21:06
octane.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事