ここから本文です

バルサのCL決勝T初戦の相手、チェルシーの可能性が最も高い

2019/12/13(金) 6:50配信

SPORT.es

チェルシーは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント初戦でFCバルセロナと対戦する可能性が最も高い相手となっている。『Mister Chip』によるとこのように推測されている。CLのグループリーグが終了した後ににツイッターのアカウント(@2010MisterChip)で公表されている。

CL制覇を目標とするメッシ 次節のクラシコについても言及「特別なゲーム」

抽選によって起こりうる全ての条件を考慮した『Mister Chip』は、チェルシーがバルサと対戦する可能性が最も高いチームであると主張している。具体的なパーセンテージは23,377%である。チェルシーの次にはトッテナム(22,328%)が、そしてその後にはナポリとアタランタ(各18,581%)とリヨン(17,133%)が続いている。

レアル・マドリーの対戦相手は、リヴァプールとマンチェスター・シティがそれぞれ21,878%と最も可能性が高くなっている。その後には20,879%のユヴェントスが、そしてバイエルン・ミュンヘン(18,082%)、ライプツィヒ(17,283%)の順に続いている。

アトレティコ・マドリーに関しても、レアル・マドリーと同様に22,627%でリヴァプールとマンチェスター・シティとの対戦の可能性が高いようだ。その後にはバイエルン・ミュンヘン(18,881%)、そしてPSGとライプツィヒ(各17,932%)が続いている。
バレンシアにとって、最も可能性の高い対戦相手はトッテナム(22,677%)である。その次にドルトムント(21,578%)が続き、ナポリとアタランタ(各18,981%)、そしてリヨン(18,782%)の順になっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/13(金) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事