ここから本文です

来年は家計が苦しくなりそうと考えている主婦が約半数…みんなはどうやって収入を増やしてるの?

2019/12/13(金) 19:30配信

ファイナンシャルフィールド

まもなく2019年も終わります。今年は消費税増税や幼保無償化など、家計に関わるさまざまな制度の変更があり、私たちの生活に影響を及ぼしました。では、来年の家計はどうなるのでしょう?

主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区)の調査機関しゅふJOB総研は『家計』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いました(※)。働く主婦は、来年の家計はどうなると考えているのか、結果を見てみましょう。

「家計にゆとりができそう」はたった11.6%、「家計が苦しくなりそう」は48.4%

2020年の家計はどうなりそうか尋ねると、「家計にゆとりができそう」との回答は11.6%に過ぎず、「家計が苦しくなりそう」が48.4%と半数近くにのぼりました。

同じ質問の回答を直近3カ年で比較すると、「家計にゆとりができそう」は11.9%→14.0%→11.6%と遷移しました。昨年「ゆとりができそう」と回答した人が増えたものの、また下がってしまいました。消費税増税も影響しているのかもしれませんね。また、「家計が苦しくなりそう」は48.9%→55.7%→48.4%と遷移しました。

副業で収入を増やしたい人が多い。他は「ポイントをためる」「中古品を売る」

本業以外で家計のために収入を増やすとしたら、どんな方法を選択するかという質問には、「副業(雇用契約)」と答えた人が41.7%と1位に。僅差で2位は「ポイントをためる」(41.1%)となりました。3位は「副業(業務委託契約)」(34.2%)という結果でした。

1位は「雇用契約」で、3位は「業務委託契約」なのですが、その違いはなんでしょう?「雇用契約」は、使用者と従業員が雇用契約を結ぶものです。一般的なアルバイトは雇用契約です。「業務委託契約」とは、業務を外注したい企業などが、個人や他の企業などの外部に業務の一部を委託する契約です。

例えば、Webライターなどはそれにあたりますね。他には「中古品などの所有物を売る(メルカリ・ブックオフなど)」(33.9%)という回答も多く見られました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 19:30
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事