ここから本文です

【ラグビー】ヒーローになろうよ。 ~ある地域リーグ入れ替え戦の物語

2019/12/13(金) 18:59配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 彼らはヒーローになりかけた。
 とびっきりのヒーローに、なりかけた。
 少なくとも3年前まで公式戦で勝ったことのないチームだった。15人をそろえて試合に臨むのが当時の目標だった。それが今季は2勝を挙げ、1部と2部の入れ替え戦に進んだ。
 相手は3年前、0-89の大敗を喫したチーム。その相手に、残り10分を切るまで勝っていた。
 全国地区対抗大学関東1区リーグ1、2部入れ替え戦。
 2部2位の国際基督教大(ICU)が、1部4位の東京外国語大に、勝ちかけた。

 きっかけは、あるコーチの問いかけだった。
 何のためにラグビーするの?
 ヒーローになろうよ!
 藤森啓介が人づてに頼まれ、一度だけのつもりでICUの練習場を訪れたのは5月だった。選手30人の大半は、大学で初めて楕円球に触れた。パスが2本続けてつながらない、つまりは素人集団。前向きな気持ちは伝わってくるのだけれど、勝つための方法論を彼らは知らなかった。
 藤森のコーチング熱は途端に高まった。
「僕、そういう子たちを教えることに関してはピカイチですから」
 34歳、現役時代はSH。早大学院、早大で故・大西鐵之祐の理論に接し、指導者の道に進んだ。早稲田摂陵高の監督に就き、やはりICUのような素人集団を激戦区・大阪で花園予選決勝に導いた。この春、東京へ。日本ラグビー協会のリソースコーチとして、元早大監督の中竹竜二を中心に指導やマネジメントを研究する「スポーツコーチングジャパン」のメンバーとして、新たな一歩を踏み出していた。
「やみくもに練習してもダメ。『ゴール』の設定が必要」。監督不在のチームで藤森はコーチを引き受け、そこから手をつけた。総じて細身。フィジカル勝負は徒労に終わるだけ。ならば「サッカーのバルセロナのようにワイドに回そう」。志は高く。パスが下手なら、練習でプレッシャーをかけてたくさん失敗すればいい。そうすれば最低限のレベルまでは持っていける。
 いざ試合、プレッシャーの薄い位置に動いてつなげば、失敗はしないはずだ。人の配置で相手を抜く。偶然ではなく、再現性のあるスタイルだからこそ本当の力になる。「そのための練習を組み立てた」

 ゴール。むしろ、それはいわゆる戦術論ではない部分でこそ大切だというのも藤森の信念だった。何のためにラグビーをするのか。ただ楽しみたいからか、うまくなりたいからか。いや、違う。
 チームビルディング、チームトークを徹底。部員に考えさせた。部員は考えた。例えば「つきあいたい人は?」とか何でもいいからテーマを決め、コミュニケーションを図る。1年生と4年生、選手とマネジャー。あまり会話をかわす機会を持たなかった関係の部員が、嫌でも話すようになる。
 すると、気づいた。マネジャーは選手に、試合に出られない選手は出られる選手に、思いを託すしかない。託された選手には、その思いに応える責任があるのだと。
 誰かのためなら、人って想像以上に頑張れる。誰かのために頑張れるのは、カッコいい。壁を乗り越え、最後に勝ってヒーローになって、託し、託された思いを完結させる。藤森とチームが描いたストーリーだった。
 マネジャーはパス練習の相手までしてくれた。控え選手は試合の映像を撮影してくれた。「みんなのため、勝ちたい。昨季までなら、そうは思わなかった」。主将のFB川口諒太は振り返る。「勝つために、一つのチームになる」。ワンチームという言葉が流行する前からの決意だ。そうやってたどり着いた入れ替え戦だった。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事