ここから本文です

ヤマダ電機、大塚家具の子会社化で会見(全文3完)共同での商品開発は大前提

2019/12/13(金) 11:19配信

THE PAGE

 ヤマダ電機は12日午後、記者会見を開き、経営再建中の家具販売大手、大塚家具を子会社化すると発表した。

【動画】ヤマダ電機、大塚家具の子会社化を発表 午後5時から記者会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ヤマダ電機、大塚家具の子会社化を発表 午後5時から記者会見(2019年12月10日)」に対応しております。

     ◇     ◇

大塚社長にも来店頻度を高める施策を聞きたい

読売新聞:大塚社長にも来店頻度を高めるための、というところ、お願いします。

大塚:まず耐久消費財だからといって、来店頻度が1人の方で少なくなるかというと、確かに、一度に全部買い替えるってことはないですけれども、例えば家具の場合ですと、今年はリビングを少しすてきにしたいな、カーテン買い替えよう。翌年にはじゃあ、ソファを見直そうかな、ということで、少しずつ、少しずつ、お部屋を良くしていくということは行動としてありますので、今までよりもすてきなお部屋にしたいな、という気持ちになるような、そういう提案ができればと思うんですね。

 その中に今回、ヤマダさんとご一緒することで、さらに家電というのも入ってくるということですから、ここは非常にお客さまが住まいを良くしていくということの観点で、お店に足を運ぶ、あるいはインターネットで見るということもそうかもしれませんけれども、その頻度は高まってくるというふうに思います。

 それだけではなくて当然、インテリアの中には、比較的、購入頻度の高い小物アイテムというのがあって、先ほど山田会長は糸物という言い方をされましたけれども、例えばベッドでいえばシーツのようなもの、これはベッドそのものよりも、比較的、頻度高く買われるものです。こういうものをしっかり充実させていって、季節ごとに変えていただくとか、そういうようなライフスタイルの取り入れというのをしていただきますと、かなり購入頻度っていうのは上がっていくのかな、というふうに考えています。

読売新聞:ありがとうございます。

司会:一番前の男性の方。

1/6ページ

最終更新:2019/12/13(金) 11:25
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事