ここから本文です

松田鈴英のオフの課題は「ごはんの友」を増やすこと!? 1日5食で“ベスト体重キープ”に取り組む理由

2019/12/13(金) 18:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

今季、初優勝を期待されながら達成できなかった松田鈴英が自己改革に乗り出している。その中身は……白いご飯の「つけあわせ」のレパートリーを増やすこと!?

シーズン中に体重が7キロも落ちてしまった

「今年は悪すぎました。来年は、初優勝はもちろん、1勝だけじゃなく、2勝ぐらいは必ずして、しっかり結果を残せる準備をオフにしたいと思っています」

そう話す松田はさっそく食事面から「改革」に乗り出しているという。

その中身は偏食傾向にある食事面の改善。昨年途中まで、主食は「ご飯派」ではなく、「パン派」だったと話す松田。理由は白いご飯の味がどうも苦手というもの。ただ「やっぱりパンだと(ラウンド中)お腹が空く」のに加え、シーズンに入ると体重が4~5キロ減り、同時に飛距離も落ちてしまうのが悩みの種だったという。

今シーズン、持ち味でもあるドライバー平均飛距離は253.41ヤード(3位)と昨年の248.01ヤード(8位)から向上したが「もっと伸ばせた」という思いがあるという。

「開幕の『ダイキンオーキッドレディス』では体重が64キロで飛距離も270ヤードを超えるぐらいだったんですけど、シーズンが進むにつれて体重も落ちて(シーズン中盤前の)『中京テレビ・ブリヂストンレディス』のときには57キロまで落ちて、飛距離も240~250ぐらいまで落ちてしまったので。スウィングもすぐブレるようになるし、安定性も失われていましたね」

来年はその二の舞となるのを防ぐべく現在、松田は「1日5食」をノルマに体重減を防ぐ取り組みを行っているという。

「(同じブリヂストン契約プロの)宮里藍さんからも『食べる量は自分のペースでいいから食べられるときに、何回かに分けて食べたほうがいい』とアドバイスを頂いたので。3食分は必ず、オフは体重を増やしておきたい時期でもあるので、5回ぐらいに分けて食事を取るようにしています」と今オフは62キロをベスト体重に設定し“食トレ“を実践中だ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 18:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事